スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【体験記】 ふっと横の窓を見上げると、変な顔があった 【のぞき】


242 名前: こわくないかな? 投稿日: 2000/10/11(水) 18:06
俺が中学生の頃の話。
夜9時ごろ、自宅のトイレで大をしてたのね。
ふっと横の窓を見上げると、変な顔があった。
その窓は、家の外(裏側の、軽自動車がやっと一台通れる程度の路地)
に直接面している窓。

ガラスに顔をべったりとくっつけている感じで、鼻や頬が押し付けられて平べったくなってた。
一瞬髪の毛が逆立ったんだけど、すぐに、(ああ、これはのぞきか?)
と思い直した。当時姉が高校生だったので、トイレをのぞく奴がいても不思議はない。
外に面したトイレの窓なので、当然すりガラス。
だから中に入っている人間(俺)が男なのか女なのかよくわからず、
ぴったり顔をつけてのぞこうとしたのだ
と感じた。
それなら怒鳴りつけるなり何なりすればよかったのだろうが、
一瞬腰を抜かしそうになった後だったので、なんだかちょっと行動力がなくなっていて、
そのままそーっとトイレを出た。
俺が振り返っても動き出しても、その「顔」はうろたえるようすもなく
そのままトイレの中を必死でのぞき続けているようだった。

ぴったりガラスに押しつけられているので、異様に大きな顔にも見えた。太った男のようだった。
トイレの外に出てから、しかしこのままにしといたら姉貴がかわいそうだなあと思い直した。
どんな奴なのか顔だけでも見といてやろうと、
家族には何も言わずにサンダルを履いて外に出て、家の裏に回った。
路地に出て、トイレの窓のところを見た。
人影はない。そりゃもう逃げてるわな。
ちょっと苦笑しかけて、すぐにあることに気づいて俺はもう一度ぞっとした。
トイレの窓の外には、ドロボウ除けのステンレスの面格子が取り付けられていたんだ。
面格子と窓ガラスとの距離は5センチ足らず。とてもじゃないが人間が頭を突っ込める隙間はないんだ。
俺はあわてて家の中に戻り、その夜は布団をかぶって寝た。
あのガラスに押し付けられた肉厚な顔のイメージが、しばらく頭から離れなかった。



243 名前: ↑ 投稿日: 2000/10/11(水) 18:09
ようかいぺったんこ頭ですな。


244 名前: 奥さん、名無しです 投稿日: 2000/10/11(水) 18:24
>242

エロの力が人間の限界を超越したのです。


245 名前: 242 投稿日: 2000/10/11(水) 18:42
そう言えばクシャおじさんの家ってウチからそう遠くなかったような……
違うって。 笑)
マジ怖かったんだから。



246 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2000/10/11(水) 18:51
>>236
>>242
想像するとぞっとする。





死ぬほど洒落にならない恐い話を集めてみない?
http://piza.2ch.net/occult/kako/969/969033875.html
スポンサーサイト


【体験談】 彼女のところに来るんじゃない!来るのなら俺のところへ来てみろ! 【声魂】


※管理人:注※ 縦読みもない模様ですし、読みやすいように改行を少し変えております。本文は弄ってないのでご安心ください。


189 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2000/08/07(月) 06:00
私本人が体験した話です。
今からちょうど10年前、私がまだ大学生だったころのことです。
当時、私には一つ年下の彼女がいました。
彼女は霊感の強い子で、 それまでにもさまざまな体験をしていました。
妙な音を聞く、街中でおかしな人影をみる、金縛りにもよくあっていたようです。
特に、嫌な場所(彼女が言うには、空気がよどんでいるらしい)の側に行くだけで、
頭が痛くなるほどでした。

その日、いつものように僕は彼女の家に泊まりにいっていました。
場所は渋谷区笹塚にあるワンルームマンションで、甲州街道を渡り、
商店街を抜けて左に折れてしばらく行ったところにある白い建物です。
わずか4畳半ほどの狭い部屋で、入り口を入ると左側にキッチン、
右側にはユニットバスという、よくある間取りです。
部屋には窓が二つありました。
一つはバルコニーに面した大きな窓、そしてもう一つ、問題の小さな窓が左側の壁面、
エアコンの真下に、ちょうど人の胸の高さのところにありました。


その日はいつもより早く就寝し、大きな窓に添うように置いてあるベッドで二人寝ていました。
時間は覚えていません。僕はふと目がさめたのです。
頭の上にある窓とエアコンの辺りから、パシン、パシンと何度か音が聞こえており、
その音で目覚めたのでした。

妙な目覚めの良さで、頭がすっきりしていたことを覚えています。
季節は冬ということもあり、部屋の内装の乾燥による音だと思って、
しばらくエアコンを見つめていました。
それが起きたのは次の音が鳴り響いた時です。
突然、隣に寝ていた彼女が「ううぇ」と何度も唸りはじめ、体を硬直させ
全身震え始めたのでした。

悪い夢にうなされているのだと思い、すぐさま彼女を起こそうと
僕は彼女の体を揺り動かしました。
彼女はうつろな、どこにも焦点のあっていないような目で天井を見つめたまま、
こう言い始めたのです。
「おぉ、女の、中年の女の声が・・・。『お前の子供が6才になったら、海で溺れ死にさせてやる』

僕はなぜかとっさに思いました。
さっき自分の聞いた音は、乾燥による建材の音ではなく、ラップ音なのだと。
訳もわからず僕は彼女を抱き寄せて、お腹の中で叫んだのでした。
ただ頭の中にあったのは、テレビで聞いた『声魂』でした。
霊に襲われそうになった時、声にならずとも腹の底から叫べば
霊を追い払う事ができる
というものでした。
「彼女のところに来るんじゃない!来るのなら俺のところへ来てみろ!」
2度ほど叫んだと記憶しています。
2度目を言い終わったと同時に最後の音が同じ窓のところから響きました。
パシンッ
次の瞬間、彼女がこう言ったのです。
「女が『クソッ、チクショウ』って言った・・・」

彼女はこの部屋に越してきてから何度か妙な体験をしており、
僕にはそれを話していなかったのです。
霊の通り道というのをどこかで聞いたことがありましたが、
何度か彼女はそれをこの部屋の中で体験していたのでした。
霊感の強い人間と一緒にいると影響されるとも聞きます。
それまでの僕にはこうした体験は一度もありませんでした。
興味深いのは、彼女が1ヶ月ほど前に見てもらった占いのなかで
「あなたの彼はあなたを救う星の位置にあります」
と言われていたことです。
現在、その白いマンションはまだ存在しています。



191 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2000/08/07(月) 09:48
>189
声魂って、初めて聞いた~。
なかなかヨイかも。




洒落にならないくらい恐い話を集めてみない?
http://piza.2ch.net/occult/kako/965/965152644.html


【絶対許さない】 従姉妹が子供を下ろした時の話 【中絶の罪】

475 :名も無き被検体774号+:2012/03/24(土) 16:45:13.31 ID:PrGDDlYP0
>>1です
pcも携帯もなぜか書き込めなかった・・・

さて、去年の初め頃に従姉妹(17)が子供を下ろした時の話
仮にその子をAちゃんって呼ぶね

このAちゃんがちょっとクセ者で、簡単に言うとDQNなんだ
まぁ、母親(俺からすれば叔母)も子供に関心なかったっぽいしで余計そうなったんだと思う
一応高校には行ってたみたいだけどもうほぼ留年が決まってたらしい

そんなこんなで、荒れてたんだろうね
ちょくちょく暴力事件とか万引きとかでしょっ引かれてたんだ
周りの親戚も見てみぬふりというか、Aちゃん一家を見放してた

ただ、たま~に俺と連絡してて、俺にお金がある時はご飯なんか連れてってた
俺と居る時は全然普通の子だししっかりしてる
俺にとっちゃ妹みたいなもんだった

しばらくして事件は起こる

Aちゃんが妊娠した、
しかも父親はわからず、いつできたかも定かではないそう
俺始め>>1家はめっちゃ心配してたんだが、叔母さんは我関せず、って感じだった
Aちゃんもずっと暗い顔で「どうしよう・・・はぁ・・・」って言ってたし




476 :名も無き被検体774号+:2012/03/24(土) 16:58:59.21 ID:PrGDDlYP0
上手い打開策も講じられぬまま時間だけが過ぎていった

まぁ、生むか下ろすかの2択なんだけどね
それからちょっと経ったある日
Aちゃんから電話があったんだ
いつも俺とはメールで連絡して、そっから電話ってのが暗黙のルールというか常識になってたから、
何事かと思ってすぐ出た
そしたら
A「下ろすことにしました。迷惑かけてすみませんでした」

いやに機械的だったのを覚えてる

そしてここからが本編というかオカルト的なんだけど、
その日からAちゃんの様子が激変していった
緑とかに染めてた髪が真っ黒になってたり、高校にもちゃんと行ってたみたい
学校終わったら真っ直ぐ帰ってきては家事とかしたりして
俺も最初は(今回のことで変われたのかwよかったw)とか思ってたんだけど
どうもおかしいんだ

人は確かに変われるけど、いきなり根底から変えるのは難しいでしょ?
なんていうか「別人」がAちゃんになりすましてるっていうか・・・
昨日までプロレスラーだった人が今日は弁護士してますみたいな
説明が難しいwww
とにかく「誰あんた?」ってかんじだったの





477 :名も無き被検体774号+:2012/03/24(土) 17:09:22.98 ID:PrGDDlYP0
若干の気味悪さと、でも更正できててよかった、っていう気持ちが入り混じって
なんとも複雑な心境だった



ある日Aちゃんからまた電話が会った
父親が見つかった、とのこと
そんなことあるの?って半信半疑だったけどとりあえず話を聞いてみることに
詳しくは明日会って話したいってことだったから夜Aちゃん家の側のファミレス
で合流することにした

もうAちゃんは座って待ってて、父親(仮)もその横にいた
ぶっちゃけすごい気まずかったwww



479 :名も無き被検体774号+:2012/03/24(土) 17:35:29.84 ID:PrGDDlYP0
とにかく話を聞いてみる

男の方はなんかすっごいやつれてて、全然売れないホストみたいな感じだった
そいつが言うには
「毎日Aを殺す夢を見るんです。毎回違う方法で・・・しかもAのお腹は大きくて、
何かが蠢いてる感じ
なんです。それを俺が殴ったり潰したり・・・怖くなって
Aに連絡したら子供が出来たって言うし・・・毎日怖くて碌に寝れないんです」

そこでAちゃんがポツリと言った

「よ か っ た」


寒気がした
能面みたいな顔だったってのもあるけど何より声がオッサンそのものだった
男もびっくりしてて、泣きながら謝ってた

その後Aちゃんはゆっくりだけど確かに
「お前のせいで生まれてこれない。下ろすんじゃなくて"殺す"んだ。許さない。ざまぁみろ」
ってつぶやいた

俺はなんとなくわかった
この子はAちゃんじゃない
きっとお腹の子だ、

なんでそう思ったのかはわからないけど、直感的にそう思った
男もそう思ったのか顔面蒼白でひたすら謝ってたけど、
「絶対にゆるさない。死んでもゆるさない」って、まさに腹の底から響いてくる声でそう言った

その後男はどうなったか知らないけど、Aちゃんは子供を下ろし、留年はしたものの
卒業はちゃんとするらしい

以前のDQNだった頃とは比べ物にならないくらい大人しくなった
ただ、たまに「空から赤ちゃんが落ちてくる」夢を見るらしい
本人は戒めとして取っているらしいから別に怖くはない、と語っていた

書いてて思ったけどあんまりオカルトチックじゃないねw
ま、以上でございますです



480 :名も無き被検体774号+:2012/03/24(土) 17:39:02.71 ID:AbIwsumr0
充分、怖いですよw


481 :名も無き被検体774号+:2012/03/24(土) 17:40:44.32 ID:o1eJYv8+0
十分オカルトですがな(´・ω・`)


482 :名も無き被検体774号+:2012/03/24(土) 18:03:13.81 ID:AiHQBIp00
何だか悲しくなった


483 :名も無き被検体774号+:2012/03/24(土) 18:19:25.36 ID:A1reIef0O
こわ…


487 :名も無き被検体774号+:2012/03/24(土) 21:56:41.19 ID:MulSM1o00
>>1
スレタイは嘘だったのか?
結構怖いじゃないか
続けろください





イマイチ怖くない霊体験ばっかしてきたけど質問ある?
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1331414693/


【人間には5種類居る】 先生に死相みたいなのが見えたんだ 【もっていかれる】

206 :名も無き被検体774号+:2012/03/12(月) 00:53:35.12 ID:pfrQsmAE0
済まないと思っているwww


お詫びといってはなんだけど
今日昼間ちょっと外出してたんだ
ていうのも、トモに呼ばれてだったんだけど

とりあえずトモの車にのって1時間くらいかけて大きい病院についた
病室に入ると痩せてガリガリになったものの、高校の時の鬼の風貌を残した
担任(体育教師)の姿
があった
ほんとに久しぶりで少しはしゃいじゃったけど、流石に社会人なので自重しましたw

懐かしい話で盛り上がって帰りの車の中
トモが運転しながら俺に話しかけてきたんだ
トモ「お前、わかったよな」
「うん」
トモ「・・・なんとかならない?」
「多分無理かな・・・」
トモ「やっぱりか」

こんなこと話してた


実は、先生に死相みたいなのが見えたんだ
なんていうか、生きてるんだけど死んでるっていうか・・・
かろうじてこの世にいる、みたいな感じだったんだよね



207 :名も無き被検体774号+:2012/03/12(月) 00:57:49.63 ID:U+ilxc3+0
癌か?


208 :名も無き被検体774号+:2012/03/12(月) 01:04:26.68 ID:pfrQsmAE0
>>207病名はよくわからんけど悪癖の腫瘍だって

続き

トモにはどうすることもできないから俺に頼ってくれたんだけど、
もう決まってしまったことを覆せるほど万能じゃない
なんていうか暗い気持ちで車乗ってた

家についてからもっかい考えたんだけど、やっぱりどうすることもできない
もうきっと、あの先生はただ死ぬのを待つしか無いんだって思ったら急に泣けてきた

まぁ、ちょっと悲しいお話



さて、明日も早いから今日は寝ますw
もしまだこのスレあったらまたのんびり書きにきますw
じゃ、皆お休みー



209 :名も無き被検体774号+:2012/03/12(月) 01:11:21.56 ID:/0myeMGHO ?2BP(0)
おやすみ


210 :名も無き被検体774号+:2012/03/12(月) 01:15:44.96 ID:eEWOLoCnO
何だよ、今度は悲しい話だな…


明日も楽しみにしてるよ!
おやすみ~


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



444 :名も無き被検体774号+:2012/03/23(金) 14:12:19.10 ID:OpTCmuTY0
>>1です

いきなりだけど、つい先日高校の時の担任の先生が亡くなりました
以前、死相?が見えてしまった先生です

亡くなる前日に何度かお見舞い行ってたんだけど、
行く度に色が黒ずんでいってて、顔に生気がないっていうか
直感的に「もっていかれてる」って思ったんだ


先生も自分で「最近やけに体が重い」って言ってた
それも、本当に重いらしい
体に何か重りでも乗せられているよな
遺族の人にトイレへ行くのに手伝ってもらったそうだけど「太った?w」
なんて言われたみたいだったし

がたいは良かったけど運動もしない病院内で「太る」なんてことあるのかな?
でも、見た目はもう棒に皮がくっついてるようにしか見えなかったんだよね

そんな先生が亡くなって葬儀の日
奥さんから変な話を聞いた
「亡くなるホンの少し前に「やめて!」って聞こえたのよ。胸騒ぎがして旦那が寝てる寝室
に行ったの。そしたらもう冷たくなってたの・・・なんだったのかしら・・・」



445 :名も無き被検体774号+:2012/03/23(金) 14:14:10.18 ID:O48Ycrie0
やめての声は幽霊かな?


446 :名も無き被検体774号+:2012/03/23(金) 14:36:37.49 ID:OpTCmuTY0
俺はついにやられたかと思った

実は以前にも似たようなことがあったんだよね
死相が見えた人が亡くなるとき「いやだ」って聞こえたことがある
たぶんだけど、「向こうの世界にもっていかれた」んだと思う

で、式が始まって火葬場へ先生を連れて行こうとした時にも変なことが起きた
まず、やたら軽い

お棺の重さもあるはずなのに3人で軽々持ち上げられる
皆びっくりして後で会場の人に聞いたんだけど軽い素材は使ってない、
ちゃんとした木材を使っている、とのこと
で、いよいよ火葬場の扉を閉めるとき

俺は結構後ろのほうで見てたんだ
何の気なしに外の方を見るとどこか見覚えのある姿を見つけた
先生だった

悲しそうな顔でこっち見てたんだ
それで俺に手を降って全身が一瞬真っ黒になったかと思うと居なくなった
その瞬間に「では、終わるまで上でお待ちください」の声が
ちょっとだけ寒くなったよw

終わってお骨を入れる時
数がやたら少ない

5分少々で終わったんだ
皆も「?」て顔してた

それから家に帰って夜

なんとなく卒業アルバムを引っ張り出して眺めてた
ぶっちゃけ、なにかおかしなことでもないか、っていうのはあったんだけどねw
まぁ、特に何もなくついでにほかの写真とかも見てみたんだ
そしたら1枚だけ先生と写ってるのがあった
怖い風にはなってなかったんだけど、若干、顔全体に薄ーい影?がかかってた

次の日ご供養の意味もこめて職場の側のお寺に写真を渡しといた



447 :名も無き被検体774号+:2012/03/23(金) 14:37:43.09 ID:OpTCmuTY0
>>445
多分先生の声じゃないかと
前体験したときも、その亡くなった方の声だったし



448 :名も無き被検体774号+:2012/03/23(金) 14:45:46.82 ID:OpTCmuTY0
後日、ってか一昨日

お寺さんから電話があって「頂いたお写真なんですが、うちではどうも出来そうにないので・・・」とのこと
なんとなく事情を悟った俺は次の日(昨日)、知ってるちょっと大きいお寺に持っていった
そしたらそこの住職?が「可哀想にねぇ」と一言だけ言って持って行ってくれた

所謂お焚き上げは終わったらしいんだけど、「この方はもう何しても助からないと思います。力不足ですみません」
と連絡をもらった

詳しくは教えてくれなかったけど、やっぱり先生はもってかれたんだと思う
地獄、とかとは違うんだけど、なんていうのかな
暗い場所?地の底?まぁ、よくわからんがあんまりいいところには行けてないような気がする
生前どんな悪いことをしたのかは知らないけどどうにもやるせない出来事でした



449 :名も無き被検体774号+:2012/03/23(金) 15:04:29.96 ID:OpTCmuTY0
さて、おいらはこのあとちょっと用事なので出てきます

帰りは日付変わる頃だと思うから、それまでになにか来てたら帰ってきたらお答えします



450 :名も無き被検体774号+:2012/03/23(金) 16:02:53.34 ID:tIPN8Ar50
先生・・・
なんかめっちゃ悲しくなるな
分かってるのになんもできないって
なんかできてもしないほうがいいのかもしれないけど


451 :名も無き被検体774号+:2012/03/23(金) 17:09:38.72 ID:k7FNk4GOO
出先だけど暇なんだなwww
>>1です


まぁ、>>450の言うように何か出来ても何もしなくて正解だと思う
「悪意のある」奴に関わってもいいことないしね



452 :名も無き被検体774号+:2012/03/23(金) 17:21:44.77 ID:/fZQoPfM0

やるせない気持ちになるな
こっち側の人はなんにも出来ないんだなぁ、とゆうか

あまりいい所に行けなかったみたいだけど
やっぱり天国や地獄でないにしろあっちの世界にも種類はあるのかしら?
もしくは感覚的な話なのかしら?



453 :名も無き被検体774号+:2012/03/23(金) 17:27:51.48 ID:k7FNk4GOO
>>452
感覚かな
死んだことないからわからないけど、例えるなら(あの人刑務所行くんだ…)みたいなww



454 :名も無き被検体774号+:2012/03/23(金) 20:20:07.00 ID:1unBuf5k0
その先生って、生前なんか悪い事したんかな?
悪い事しなくても持ってかれる人っているんかね?
そんな事にならないように日常の生活で注意する事、気をつける事ってある?


455 :名も無き被検体774号+:2012/03/23(金) 22:23:40.58 ID:k7FNk4GOO
>>454
何したのかはさすがにわからん
けど、体育教師だから若い頃は結構色々やってたみたいよ

気をつけること…
ばあちゃんの受け売りだけど、他人に酷いことをしないで正直に生きてればお釈迦様は見てくれる、らしいww
まぁ、真っ当に生きてればいんでないかい?



456 :名も無き被検体774号+:2012/03/23(金) 22:40:51.75 ID:qUHeOXSg0
なんとなく人間には5種類居るっていう話を思い出した


457 :名も無き被検体774号+:2012/03/23(金) 22:53:35.20 ID:8DmbBQnsO
>>456
その話kwsk


458 :名も無き被検体774号+:2012/03/23(金) 22:55:02.73 ID:O48Ycrie0
ご…五種類だと…?

聞かせてください


459 :名も無き被検体774号+:2012/03/23(金) 23:01:04.74 ID:P8/S4t7f0
五種類なんて
大人のふりかけ並みジャマイカ(´・_・`)


460 :名も無き被検体774号+:2012/03/23(金) 23:09:08.29 ID:qUHeOXSg0
コピペでごめんけど
-----
6: チラシ 2012/03/13(火) 13:19:08.22 ID:ia5XWAGd0 [sage]

・居てくれないと困る人
・居てくれたほうがいい人
・居ても居なくてもいい人
・居ない方がいい人
・死んだ方がいい人


223: チラシ 2012/03/14(水) 08:33:59.32 ID:iEMUXbUA0 [sage]
親戚の法事の際に、坊さんが>>6と全く同じことを言ってて吹いた
「この世には五種類の人間が居ます」とか言うから、
どんな道徳的な話なのだろうと真剣に耳を傾けてたらまさしく6だった
最初下の二種類についてはスルー、途中で思い出した感じだったから、
下二つの方々を救うのが仏教の役割でもあるのですと続けるのかな、と思ったが、
その坊さんは「この世には死んだ方が良い人間も居るのです」と断言して説法は終了
あやうく「おいそこの禿げwww」と口に出そうになったが、
親戚のほとんどがハ○なのと、そのハ○一族が神妙な顔をしていたし、
法事とか初めてだったら、これが普通の教戒なのかな?と一瞬真剣に考えてしまった

自分は参加してないから知らんが、
この間の一周忌にも、車買い替えたとかくだらねー話を長々としていたらしい
親戚一同やはり神妙に話を聞いていたらしいが、最後に叔母がつぶやいた
「あー手ぇ、ひゃっこくなったなあ」が全てを物語っている気がする
おかげで一瞬、あの坊主が書き込んだのかと思った



461 :名も無き被検体774号+:2012/03/23(金) 23:16:41.80 ID:O48Ycrie0
下の二つには当てはまりたくないな…

誠実にまっとうに生きていこう


462 :名も無き被検体774号+:2012/03/23(金) 23:20:45.62 ID:8DmbBQnsO
>>460
なにそれこわい

これって誰の視点なんだ?
仏から見て、ということなのだろうか…


463 :名も無き被検体774号+:2012/03/23(金) 23:22:40.85 ID:O48Ycrie0
あんまこういう話はしたくないけれど…

できれば、コンクリート事件の犯人みたいな人達は、一番下に当てはまってほしいなと思う

あぁ御免なさい


464 :名も無き被検体774号+:2012/03/23(金) 23:27:20.27 ID:qUHeOXSg0
>>462
仏様の話が元と聞いたので仏様から見てなのかも


466 :名も無き被検体774号+:2012/03/24(土) 00:04:38.96 ID:k7FNk4GOO
>>1です
ただいま

仏様視点でそれか…
でも、元は人間だったんだしわかる気もするな
さすがに死ねばいいとまでは言わないけどねww






イマイチ怖くない霊体験ばっかしてきたけど質問ある?
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1331414693/


【心霊体験】 「ちょっと、身体借りるね。後、電気消すね」 【超霊感体質】

419 :名も無き被検体774号+:2012/03/20(火) 22:36:09.66 ID:LlIra/rS0
通りすがりの俺も少し心霊体験を

10年前に付き合ってた彼女が超霊感体質で俺はそれを強めちゃうタイプだったらしい
俺自身はそこにいるのはわかるけど滅多に見ることはないって言うタイプ
二人でいる時は色々と起きました

もう4,5年は動かしてないオルゴールが突然曲を奏でたり
出かけた時にたまたま通りがかった道にいた奴らが2,3ついてきたり

色々体験できたんだけど

一度結構タチの悪いのがついてきてしまったみたいで
彼女の周りの空気が嫌な感じにひんやりしちゃって
ちょっと側にいたくないなぁ、って事がありました

彼女自身も相当嫌な気分になっていたようで何とかしなきゃ、と行動してみることに

彼女は相当連れて来ちゃうタイプで俺の方は周りに近寄らせないタイプだったらしく
普段なら一緒にいると知らず知らずのうちに俺がはじき飛ばしてたみたいなんだけど
その時ばかりは勝手が違い相手の執着心やらが相当強かったようで
いつまでたっても離れていかなかったのです
このままじゃ埒があかない!と、きちんとそいつと対話をしてみることに

とは言え、そいつ自身も彼女の周りをふらふらしているだけでなかなか伝えてこない様子
さて、どうしよう。と思案していたところ、彼女が

「ちょっと、身体借りるね。後、電気消すね」と。俺の左手の中指を掴んだのです
な・・・何するの!?とちょいとびっくりしたんだけどどうやら、彼女が俺の感覚を利用してそいつを捕まえる気になったみたいで
「右手をそいつがいる気配のする方に伸ばしててね」と言うのでその通りにしていると
しばらくして俺の右手に何かが乗ったような重さが加わって、段々肩の方へ動いてくる感じが。
「今なら多分、見えるよ」と彼女。確かに俺の腕を伝っていく何者かの顔がテニスボールくらいのサイズで見えました
「そいつって、どんな感じの人?」と聞いてくるので、脳裏に浮かんだイメージをいくつか伝えました
中年の男、山の中、社長?こんな感じのイメージを。

そいつは俺の右肩、左肩、左腕と移動していき、左手を通じて彼女の手に。
その瞬間、何か魂を引っこ抜かれるような感触がドーン!と俺の全身に。

なんだなんだ!?と動揺しているうちに完全に捕獲を終わったみたいで「電気付けても良いよ」と彼女。
紙と書く物ちょうだいというので、コピー容姿と鉛筆を渡すとさらさらと鉛筆が動き始め一筆書き風のなにやらいたずら書きのような物がコピー用紙に繰り広げられていきました

続きます



420 :名も無き被検体774号+:2012/03/20(火) 23:02:10.18 ID:LlIra/rS0
続き

彼女は疲れていたようなので俺が内容を見てみることに
まず目を引いたのがどう見ても、「首を吊った人間」の絵と人の名前。
後は判別しにくかったけど恨み辛みの文言。
あちゃ・・・相当やっかいだ、これ。でもこの場で出来ることはしとかないとね、と。気を取り直して俺が対話をしてみることに

おおざっぱな内容だけど
「一緒に事業を興した親友に裏切られて借金を背負って家族のために自殺をした」
「裏切ったあいつがにくい!妻、子供はどうしてるんだ?」
みたいな事を彼女を通じて伝えてきました
俺は「親友を信じたのはあなたでしょ?信じたんなら裏切られたって良いじゃない。」
「妻や子供に金銭的な夫妻を残さないためにあなたは自殺をしたんだから後は妻と子供を信じようよ」
「いつまでも恨んでたってなんにもならないよ」
とかそんなことを彼女を通じて伝えました

いくらかは相手の心に届いたようで少しは離れよう帰ろうと言う気になったみたいで
嫌な雰囲気がちょっとだけ弱まった気が。
彼女がそろそろ離れてもらえそうだから「白い真四角の紙二枚、水、刃物、塩」を持ってきてと。
俺がいそいそとコピー用紙を切ってほぼ正方形に切って、台所からお椀に水、そして塩
机からプラモ製作に使っているデザインナイフの刃を持ち出して彼女に渡しました

紙二枚を互い違いに重ねて置き(ヒランヤとかそう言う形)
その真ん中に水の入ったお椀を置いて紙の八隅に少しずつ盛り塩。
そしてデザインナイフの刃をおもむろに手に取り・・・自分の指の腹にブスッと。

当然のごとく血が出たんだけど、その血をお椀にポタ、ポタと滴らせ、なにやらつぶやいておりました
内容は聞き取れなく、彼女の目を見ると明らかに普段の彼女とは違い
この世のどこも見ていない、何か別の世界を見ている、そんな目つきでした

「西側の窓とかドアとか開けて」というので、俺の部屋のドア(西側にドア)を開けました
しばらくして、部屋に漂っていた嫌な気配が完全に消え去りました
お?消えた?と思っていると彼女が「もう終わった、この紙と塩は畳んで川に捨ててきて、水の方は普通に流して構わない」
そう言うので、その通りに紙を折っていると
彼女が「何してるの?」と。

なんでも部屋に戻ってきて嫌な気配がするなぁどうしようって言うところまでしか憶えて無くて
後は無意識状態で事を進めていたようです

俺がかくかくしかじかでと彼女のやった事などを伝えるとそんなやり方は全く知らなかった・・・とか言ってました
不思議な事もあるもんだねーと二人で不思議がってこの話はおしまいです

(後日、彼女の知り合いの霊能者に完全に浄霊して貰ったようです)



421 :名も無き被検体774号+:2012/03/21(水) 00:22:09.51 ID:GGC1pZU+0
こんなおもしろい話したら
>>1が見る方に集中しちゃうだろ

もっとやれください


422 :名も無き被検体774号+:2012/03/21(水) 03:29:13.88 ID:IbflT4K/0
やべ。このスレ面白いわ




イマイチ怖くない霊体験ばっかしてきたけど質問ある?
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1331414693/


【そこにある不思議】 神社の娘だった先生の思い出話

97 : 本当にあった怖い名無し 2005/12/08(木) 23:41:36 ID:LnK8tT690
リア工のとき、現国担当の先生が神社の娘、英語担当の先生がお寺の息子だった。
だからよく神社、お寺に関する不思議話を聞かせてもらっていた。

そのうちの1つ。
家が神社だったので、小さいときはよく神社の中でかくれんぼや鬼ごっこをして
遊んでいたそうだ。
親は結構寛大なほうだったらしく、神社でチョコチョコ走り回っても怒らなかったが、
あるものだけには絶対に近づくなと、何度も言い聞かせていたという。
あるものというのは、昔から代々伝わってきている屏風だったらしい。

ある正月のこと。従姉妹が遊びに来て先生大はしゃぎ。
親が言っていたことをすっかり忘れ、従姉妹とかくれんぼしているうちに、屏風に
近づいてしまったという。
すると、屏風の影から見知らぬ子供が出てきて手招きしたらしい。
「初詣に来た子が迷子になったのかな?」と子供を良く見てみると、その子供の
服装が少しおかしい。真冬のこの時期に白い薄手の和服一枚。
あわてて屏風が見えない位置まで移動したところ、先生を探していたらしい親と
従姉妹が泣きそうな顔をして立っていた。

曰く、丸一日先生は姿を消していた……。
先生にとってはほんの少しの時間(長くて数分程度)だったらしいけど、実際は
もっと時間は経っていたという。

神隠しっぽいものだったんかもね」
先生は笑っていった。

ちなみに先生の実家である神社には未だに屏風があるそうです。



99 : 本当にあった怖い名無し 2005/12/09(金) 00:19:00 ID:2DLqvkbZ0
>>97
((((((( ;゚Д゚))))))ガクガクブルブル
屏風の影から出てきた子供の手招きに応じて近寄っていたら
先生はどうなってたのかな。


また何か思い出したら書き込みにきてください。


101 : 本当にあった怖い名無し 2005/12/09(金) 14:40:56 ID:jhhaue9f0
>>97の語っていた屏風のある神社が気になる。
何か他にも謂れがありそうだ。


102 : 本当にあった怖い名無し 2005/12/09(金) 19:43:44 ID:VcpsQXMC0
>>97降臨期待age


104 : 本当にあった怖い名無し 2005/12/09(金) 19:57:28 ID:FImvRUV70
もし手招きの子についていったら…
多分、子供の現国の先生、いつのまにか屏風に描かれた絵の中に…


109 : 本当にあった怖い名無し 2005/12/10(土) 20:25:17 ID:2l8ddzs30
97の話おもしろいですね。
その屏風は神社に大昔、奉納された物なのでしょうか?
又は神社の御神体?なのでしょうか。

子供の霊については神社に祀られてる霊なのか、
単に屏風に因縁のある人の霊なのか、わからないですね。
その霊を見た人は、その後、幸運な人生だったとか・・・
後日談も知りたいです。


116 : 本当にあった怖い名無し 2005/12/12(月) 17:46:15 ID:pZjLFh/s0
>>97の先生のように、実家が神社というのは何となく羨ましい。
先生んちの屏風みたいないわくつきの物があるのは怖いけど。


123 : 97 2005/12/13(火) 00:02:19 ID:M2WRMcP60
久々に覗いてみれば、結構レスついてたので驚いた。

先生の実家の神社話。思い出したので一つ投下。

先生の遊び場は、神社と神社の境内。
兄やら、近所にすむ友達やらとその日も一緒に遊んでいたそうだ。
が、しばらく経ってあることに気づいたという。
最初は5人で遊び始めたはずなのに、いつの間にか6人に。
不思議に思い、それぞれの顔を見、名前を言い合う。が、
誰が増えたのかまったくわからない。

ま、いっか。多ければ楽しいし。と再び遊び始めた。
夕方になり、遊びは終わり。再び数を数えると、ちゃんと5人に
戻っていた
という。
が、誰がいつどこで消えたのかわからなかったらしい。

……神様が紛れ込んだのかも?



128 : 本当にあった怖い名無し 2005/12/13(火) 19:37:55 ID:FadTpYyp0
>>123
不思議だけど、ゾッとするよりほんわかする話だね。
本当に神様が混ざってたのかも。




【神社】寺社にまつわるオカルト話【寺】
http://cache.2ch-ranking.net/cache.php?thread=hobby7.2ch.net/occult/1131124447/ ←過去ログ置き場


NEXT≫
今までの訪問者
全記事表示リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Twitter...
検索フォーム
プロフィール

リーガン

Author:リーガン
2chなどから集めた怖い話を個人的趣味でまとめています。
リクエスト、削除依頼などがありましたらツイッターかメールフォームからお気軽にご連絡ください。
相互リンク・相互RSSの申し込みも大歓迎です。

ちなみに管理人、大の動物好きですので動物虐待系のネタは故意に排除してます。

RSS登録
素敵サイトさま
あんてなサイト情報
気に入ったらポチッと
ただいまのお勧め
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。