スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【戦争】 曾祖父は軍の従軍神主として招致された 【ほんのりといい話】

575 : 本当にあった怖い名無し 2010/12/14(火) 23:33:37 ID:OHKK3zSV0
ちょっと長いうえに稚拙な文章ですけど、投下させてもらいます。
先日、曾祖父の七回忌があった時に、祖父から聞いた話です。
もしかしたら、よくある戦時中の話かもしれません。

第二次世界大戦が終戦する1年ほど前の話です。
代々うちの家は神主の家系で、免許みたいなのが出来るずっと前から神主を営んでたそうです。
平安時代の神祇官(?)ぐらいまでさかのぼるんだとか。(流石にこれは信じてませんけど)
そう言うわけですから、地元ではいわゆる名士の部類に入る家でした。

それを目に付けたのか、単に手近な神主だったから科は知りませんけど、曾祖父は軍の従軍神主として招致されたそうです。
そんなこんなで数日経ったとき、曾祖父は作戦の成功祈願を行うために軍の飛行場へと呼ばれました。
何の成功祈願かは、言うまでもなく特攻だったようです。
曾祖父は皇室を尊敬して、陛下に忠誠を誓っていた、右翼の様な人でした。

そんな曾祖父でも、特攻には反対だったようで、一応全身全霊を込めて祈願をしたそうですが、特攻に向かう若い兵に
「怖かったら帰ってきてもいいんだよ」
と小声で言ったそうです。
当時曾祖父は30代半ばぐらいでしょうか、自分より若い前途ある青年を死地に追いやるのが忍びなかったのでしょう。
その時特攻に赴いたのは三人だったらしく、全員に優しく諭すように言ったそうです。
ですが、結局翌日になっても、翌々日になっても、三人が帰ってくる事はありませんでした。



576 : 本当にあった怖い名無し 2010/12/14(火) 23:34:36 ID:OHKK3zSV0
それから一カ月ほど経ったときの事、突然曾祖父が歩兵の中隊を率いる事になりました。
階級は低かった(元々軍人じゃないから当然)ですが、温厚な性格と日ごろから兵たちに優しく接していたせいで慕われていたせいか、急に任命されたと聞きます。
それで、出立の前日、いろいろ準備している最中に、ボロボロの服を着た兵士が歩いてきました。
見おぼえがある顔だと思って、暫く眺めていると、一か月前に特攻した若い兵の一人だと気付いたそうです。

「よく帰って来た」
と曾祖父が言うと、
「先生のおかげで帰ってこれました」
と若い兵は言ったそうです。
(曾祖父は当時軍中で兵たちに先生と呼ばれていたそうです)
曾祖父はその後、九州へと派遣され無事帰還する事が出来ました。

それから、日本が戦争に負けて数年経った頃の話です。
相変わらず曾祖父は神主を続けていたそうですが、ある日ふと若い特攻兵の事を思い出し、あって話をしようと考えたそうです。
いろんなところにかけあった結果、住所を知る事が出来ました。
翌日に、曾祖父はその若い特攻兵の実家へと向かったそうです。
そこで、田植えをしている特攻兵の母親に曾祖父は会いました。
名前を告げると、母親は
「貴方が息子の言っていた神主の先生ですか」
と言って、家の中に招き入れてくれました。



577 : 本当にあった怖い名無し 2010/12/14(火) 23:35:20 ID:OHKK3zSV0
そのまま母親が案内したのは、仏壇の前。
其処には、あの若い特攻兵の写真が飾られていました。
曾祖父は驚いて、母親に尋ねました。
「急な病気で亡くなったのですか」
母親は、泣きそうな顔で、ですが笑って言ったそうです。
「息子は、貴方の祈願して下さった特攻で亡くなっております」


曰く、曾祖父が特攻兵と話した翌日に、田植えをしている母親の前にふと、息子が現れたそうです。
息子の帰還を喜ぶ母親に、息子は
「自分は親不孝者で、先日の特攻で死んでしまったが、神主の先生のおかげで最後に帰ってこれた」
と告げて、ふっと消えてしまったそうです。
その後、曾祖父の前に姿を現す事はなかったのですが、彼の墓に参った時に「ありがとうございました」という声が聞こえたと言います。


趣旨がずれている上に、長々と長文駄文、失礼しました。



579 : 本当にあった怖い名無し 2010/12/15(水) 00:00:13 ID:9jQZYpj20
>>575
なんか、2ちゃんで読むのがもったいないような話。
けっこう長いのに読みやすくて素晴らしい。



ほんのりと怖い話スレ その69
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1289385268/

スポンサーサイト


【霊より怖いのは人】 「仕方がねぇさ、そういう時代で、相手が相手だ。」

*分かりやすいよう、管理人の独断で(意味・標準語訳)を付加してます。



166 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/12/08(日) 21:40:41.19 ID:LXuUmNFqI
ちょっと長いけど…


田舎で家業継いで農機具の販売・メンテやってる。

お客には、同じ町内なのに、行くのに4時間近くかかるような山ん中に住んでるおじいちゃん、おばあちゃんもいて、修理に行ったら「泊まってがい(泊まっていきなさい)」と言われ、そのまま泊まることもある。

そんなんだから、仲良くなって、いろんな話を聞かされるんだ。

人生の苦労話や、遠方に住んでるお孫さんの話で、たいして面白くもないけど、中にはそれまで聞いたことがないような話もあったよ。



167 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/12/08(日) 21:45:55.37 ID:Y332vuFcI
そのおじいちゃんは、92歳でこないだ亡くなったけど、古流の免許皆伝の人で、空手やってた俺に、免状とか技術書とかいろいろ見せてくれたり、技を一通り見せてくれたりした。

俺もそれが面白くて、休みの日に酒持って遊びに行ったりして、技教えてもらった後に、総合のDVD見て、夜中まで格闘技談義したりして。

じいちゃんは、寝技中心の総合には否定的で「立ってやんねば。来んの一人ではねんだから(立ってやらないと。来るのは一人ではないのだから)」って言ってた。



168 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/12/08(日) 21:50:18.72 ID:lIyCZiRVI
じいちゃんは戦争の時は大陸にいってて、昭和21年に復員してる。
実家は空襲で焼けて、家族も亡くなっていたじいちゃんは、仙台にあった武術の師範の家にいそうろうして生活をはじめた。

じいちゃんから聞くと、戦後の日本は、地方都市に過ぎない仙台でさえ治安は相当に悪かったらしい。
浮浪者とかヤクザとか引き揚げ者とかが原因じゃなく、「赤や、アカ」とのこと。

それまでの体制がなくなって、旧体制側だった人は肩身が狭くなる一方、「中共やソ連」の支援を受けた「赤」関係の組織が勢いづき、個人で、組織で、旧体制側の人間を攻撃したらしい。



169 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/12/08(日) 21:55:45.69 ID:AJBGPpuXI
じいちゃんはの師範は、戦後も戦前と変わらず地域の名士だったけど「戦争には負けたが、日本の伝統・思想はなんら劣っていない」って公言してたから、「赤」から脅迫や殺害予告をしょっちゅう受けていて、若かったじいちゃんも気にしてた。

で、ついにコトが起きた。

夕方に、師範の家で、じいちゃんと師範と、師範の奥さんがいたときに、玄関の戸を叩き壊して8人の男が入ってきた。

覆面して、棒切れ持った男が8人

「8人はヤバいですよね? いきなりだし、相手やる気だし」って聞いたよ。



171 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/12/08(日) 22:17:42.07 ID:UKZT2r/4I
ある程度事態を予想していたじいちゃんは前に出る。
2人の棒切れを受けながら肘と親指を使った当身で倒す。
「奥さん守る。誰も通さね」と思ってるじいちゃんの脇を何人かがすり抜ける。

次の相手が棒切れを振りかぶってくるけど、自分の左腕が上がってこない。
「最初さ受けたときに折れてしまったのっしゃ」(最初の攻撃を受けたときに折れてしまったのさ)
じいちゃんは、踏み込んで、棒切れの根元で殴られながら、密着して秘中を攻める。

倒れた相手を踏み抜いたのと同時に振り返ると、師範と奥さんはうずくまっていて、3人に袋叩きにされてた。



172 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/12/08(日) 22:25:19.44 ID:Y332vuFcI
師範も2人は倒したけど、奥さんをかばって、残り3人にめった打ちにされてた。

「あん時ぐれごしっぱらげたことなかったな」(あの時ぐらい腹が立ったことはなかったな)
話しながらもすごい剣幕だった。

じいちゃんは奥さんと師範を助けに割って入ったけど、左腕が折れてるのもあって、今度は自分が袋叩きにあう



173 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/12/08(日) 22:30:20.55 ID:Tv1PJbLmI
「棒切れ、鉄だったがらや、頭守ったら指が折れんだ」(棒切れ、鉄だったからさ、頭守ったら指が折れんだ)

じいちゃんは、今でも不自然に曲がっている指を見せながら言った。
それでも、じいちゃんが生きてここにいるのは、騒ぎを聞きつけて近所の人達が集まってきたからだ。

襲撃犯は仲間を連れて逃げた。
怒り狂っているじいちゃんは、近所の人達に抑えられて、追いかけることができなかった。


じいちゃんは8カ所の骨折。
師範と奥さんはもっと酷かったけど、何とか命はとりとめた。



174 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/12/08(日) 22:38:16.12 ID:rbb6MWHPI
犯人は、普段から嫌がらせをしていた「赤」だったのは確実だった。
けど、報復を怖れて誰も証言しなかった。近所の人も、「赤」を治療した病院の人も。

「仕方がねぇさ、そういう時代で、相手が相手だ。」

師範と奥さんは、退院後、報復を避けるために、かくまってくれる有力者を頼って他所にいった。

じいちゃんも東京の建築現場で働いて、結婚して奥さんの実家に帰ってきたのは、50過ぎてからだったようだ。


176 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/12/08(日) 22:50:28.98 ID:rbb6MWHPI
「俺が帰ってきた時には、『赤』の連中の何人かは、ずいぶん行儀良くなってたな。
まぁ、そいつらもみんな死んだけどな」


「戦争いったり、『赤』さやられたり、まぁ政治とか主義ってのは、ただおまんま食いてぇってだけの俺からしたらよ、余計なもんだった」(戦争に行ったり、『赤』にやられたり、まぁ政治とか主義ってやつは、ただご飯食べたいってだけの俺からしたら、余計なもんだった)
って笑いながら話してました。

実際には名前が出てますが、さすがに伏せます。
証拠もないですが、じいちゃんの話が本当なら、人って怖いなと、そう思いました。



177 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/12/08(日) 23:08:42.52 ID:/iTZLgw40
>>176乙
俺が爺さんから聞いた話も似たような感じだったよ、
アカと三国人はやりたい放題だった@福岡


178 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/12/09(月) 02:23:11.78 ID:+DTxcSDCO
アカと三国人のやりたい放題……
ヤバイな
今まさにそんな危険な予感が
マスコミや声の大きいプロ市民には騙されないように気をつけないと


180 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/12/09(月) 02:54:53.28 ID:xIlfsnQ60
>>176
うちも仙台で終戦を迎えた
俺が子供の頃に一家で東京に移ったけど
懐かしいな、その訛りw

亡くなった祖母はGHQが怖かったと言ってたな
うちは男が全員戦死して
家には祖母と年頃の娘が3人残った(その末妹が俺の母親)
一番上の娘がバタ臭い顔立ちの美人だったんで目をつけられて
酔った米兵達が夜中によく押しかけて来たそうだ
そのたびに薙刀の師範代だった祖母は竹槍を振り回して大暴れ
とうとう「あの家にはクレイジーなババアがいる」と噂になって
米兵が来なくなった
と言っていた


181 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/12/09(月) 03:20:32.40 ID:LGDWRG890
>>176
だけどさー、大正から戦後にかけて共産党迫害は凄まじかったんだよ
(自分はノンポリだぞ、念のためw)
政治活動とは無縁の温厚な教師なんかがバンバン憲兵につかまって
人間がここまでするかっていう凄まじい拷問で殺された

東京より地方の方がやり方が原始的で残酷だったようだね
見せしめ的な意味があったんだろうが、1ヵ月に及ぶ拷問で発狂させ、
絶対に助からない化け物みたいな姿になったところで家に帰す
そして、激痛にのたうちながら狂い死にする様を見せつけて
その家の人間初めムラ中を震え上がらせたそうだ


182 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/12/09(月) 03:24:47.89 ID:NPXKF+Qq0
っていう都市伝説


183 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/12/09(月) 03:28:29.88 ID:QJ26zfsJ0
皮肉じゃなく
こういう話を都市伝説だと言い切るいい時代になったな、


185 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/12/09(月) 03:45:45.97 ID:U75gWRhW0
そらま、自分の知らないことはそのまま存在しないのと一緒、て時代だからな・・・w


186 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/12/09(月) 03:52:49.82 ID:9E377Z1W0
拷問死の恐怖を家族に見せつけるのは効果的かもね
>>173の話では奥さんも一緒にやられたわけだし
思想的なものは家族に伝染しやすいから睨みをきかせたんでしょ




ほんのりと怖い話スレ その99
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1385773851/



戦艦陸奥が原因不明の爆沈する前夜、第三砲塔天蓋で女が踊り狂っていた

697 : 本当にあった怖い名無し 2012/03/20(火) 20:24:55.99 ID:jlc4+x2C0
うちは海軍一家で曾祖父、大叔父2人が兵学校、祖父が技官やっててこの手の話を結構、聞いたわ
有名なのは戦艦陸奥が原因不明の爆沈する前夜、第三砲塔天蓋で女が踊り狂っていたやつ。大叔父から違うバリエーションで聞いたな。
これはいくら調べても出てこなかった。
隼鷹の空母改装が決まった後、艦内で女性がすすり泣く声が。艦隊編入後も相変わらず。とまったのは南太平洋海戦後だった



698 : 本当にあった怖い名無し 2012/03/20(火) 21:27:02.95 ID:TztKa5FF0
ミッドウェーのときに、利根のカタパルト付近で何かをしている小さな影を見たって話があるらしいが、ほんまかのぅ。


699 : 本当にあった怖い名無し 2012/03/20(火) 21:32:00.50 ID:jlc4+x2C0
>>698
人に見つかって海に飛び込んだらしいな。
ただ最近は運命の5分間は存在しない、ミッドウェイは発艦が遅れたからというよりも筑摩3号機がサボって雲の上飛んだからやられたってのが定説らしい。
そうするとこの話が戦後からつい最近、定説が変わるまでの間に作られた感がするわ。



703 : 本当にあった怖い名無し 2012/03/21(水) 03:11:07.70 ID:069JRYss0
>>697
陸奥爆沈前夜の違うバージョンをkwsk


708 : 本当にあった怖い名無し 2012/03/21(水) 12:01:55.57 ID:5AKTu7oa0
>>703
前々夜、第三砲塔で女が空を睨みつけていた。
前夜に砲塔天蓋で女と血塗れ女(赤い女?)がもみ合い、女が刺されたのか投げられたかで転落。
血塗れは天蓋に染みこむように消えた。翌日陸奥は爆沈。
そして日向砲塔爆発事故の時も血塗れの女の噂があったと。



712 : 本当にあった怖い名無し 2012/03/21(水) 16:44:16.30 ID:2A1uY9zfO
>>708の女は舟霊(ふなだま)か何かなのかな。
船の精霊の舟霊が女なので船に女を乗せないとかいう信仰が
世界各地に・・・ごめん、それは山の神様だった。


715 : 本当にあった怖い名無し 2012/03/21(水) 18:42:44.96 ID:5AKTu7oa0
>>712
俺も最初聞いたとき、船魂的な物かなと思った。ただそうすると血塗れのほうは一体、なんなんだと。



719 : 本当にあった怖い名無し 2012/03/21(水) 22:04:14.55 ID:2A1uY9zfO
>>715
そりゃ、疫病神とか死神の類しょ。
船を守護していた船魂が負けたので船に災いが降り懸かったと。


721 : 本当にあった怖い名無し 2012/03/21(水) 22:17:45.03 ID:5AKTu7oa0
砲塔爆発だけで爆沈は免れた日向の場合、船魂が怪我したけれどなんとか追い払えたのかな、、、

ただ、この話を教えてくれたのが90越えのたしか榛名に乗ってた元中尉の大叔父。多分、当時、兵の間でも似たような話が流行っていたんだと思う。



724 : 本当にあった怖い名無し 2012/03/22(木) 00:03:46.28 ID:AriSzDZBO
船魂の話はともかく、火薬の原料は硝酸など酸性の薬品が使われてたので
何かの拍子で漏れだして弾薬庫の壁や床を構成する鉄板に触れると
酸化熱(使い捨てカイロと同じ原理)で引火、爆発する事が昔は多かったらしい。
素人が作った爆弾が暴発して作った本人が吹っ飛んだという事故(事件)も
金属の容器に直接、火薬を容れたのが原因だった場合が多いそうだ。


728 : 本当にあった怖い名無し 2012/03/22(木) 09:17:29.56 ID:70DEkCLK0
>>724
当時は三式弾(対空用)誤爆が火種になったと疑われたらしいが、煙の色や状況からほぼ否定されたらしい。
三笠が爆沈したときの搭載炸薬は非常に誤爆しやすいピクリン酸主体の下瀬爆薬だったからすぐ火種の断定はできたらしいが。



731 : 本当にあった怖い名無し 2012/03/22(木) 10:02:52.28 ID:QoWEmIOv0
三笠の沈没は弾薬庫内での酒盛りの火の不始末が原因じゃなかった?
陸奥の爆沈も犯罪の容疑を掛けられた乗組員が陸奥を道づれに火を放って自殺したという話だと思ったけど。
>>729
昨日ニュースで浜名湖で体長4~5メートルの謎の生物が目撃されているとかやっていたけど。


732 : 本当にあった怖い名無し 2012/03/22(木) 10:31:56.48 ID:70DEkCLK0
>>731
だが三笠の下瀬爆薬は非常に鋭敏だから事故がない方が不思議なくらいだったらしい。
三笠と違って陸奥の時は炸薬の自然発火が否定されてるからわからないんだよな、、、。
煙の目撃証言、状況から自然発火しやすい三式弾ではないのは決まりらしいし。
しかも弾薬庫の鍵は砲術長が管理してたから、放火も考えにくい。



734 : 本当にあった怖い名無し 2012/03/22(木) 15:02:46.56 ID:J70IPbMY0
>>697

大変興味深い話ありがとうございます

他にもあればお願いします


735 : 本当にあった怖い名無し 2012/03/22(木) 15:19:22.30 ID:23vlTDYG0
>>712
舟霊のおいさみという話は聞いたことがあるな


736 : 本当にあった怖い名無し 2012/03/22(木) 15:19:59.38 ID:23vlTDYG0
>>718
士官部屋は「ガンルームだ」


737 : 本当にあった怖い名無し 2012/03/22(木) 18:57:05.80 ID:70DEkCLK0
>>736
すまん、ゴートロッカーは調べてみたらラウンジやら下士官室だった。それもかなり俗な言い方。

>>734
他にも護衛艦わかばの幽霊騒動、巡潜乙型潜水艦伊33の怪とかあるな。
これは全く、詳細は知らないのだがたしか軽巡洋艦天龍には幽霊住んでたとかも



740 : 本当にあった怖い名無し 2012/03/22(木) 23:10:03.94 ID:AriSzDZBO
>>737
海自の護衛艦わかばって、空襲受けて沈没した旧海軍の駆逐艦梨だったんしょ
そりゃ幽霊話の一つや二つあるでしょ。
民間船だけど沈没したフェリーの南海丸も引き揚げて使ったら
怪現象が多発した
とか。宇高連絡船の紫雲丸も一度死者が出る
沈没事故を起こした後、引き揚げて再使用したら、その後も事故を起こしつづけ
遂にあの大惨事を起こして死運丸と呼ばれるようになってしまった。


741 : 本当にあった怖い名無し 2012/03/22(木) 23:59:01.22 ID:70DEkCLK0
>>740
そうそう、そのわかば。
南海丸の話は初めて聞いたw。紫雲丸の話は有名なのだが、、、。



742 : 本当にあった怖い名無し 2012/03/23(金) 00:05:33.71 ID:AQKT2zqY0
>>737
伊33か、俗に言うの呪いという奴だな


743 : 本当にあった怖い名無し 2012/03/23(金) 00:08:17.08 ID:jngh5yX10
>>747
そうそう。ただ個人的にはよくある陰謀論と同じでちょっとこじつけが多いような気がしないでもない。気味が悪いのは間違いないが。
天龍の話はそのうち、大叔父に電話して聞いてみる。



744 : 本当にあった怖い名無し 2012/03/23(金) 00:17:40.54 ID:vc893znY0
どの船だっけかな。
竣工してから不運続きで、あるとき修理中に壁の隙間に工員の白骨死体発見して、
建造中に取り残されて死んだこいつの呪いだーってなった船。


745 : 本当にあった怖い名無し 2012/03/23(金) 00:21:20.82 ID:jngh5yX10
>>744
その話ってバリエーションが多い。
有名どころで戦艦大和。残っている設計図をかき集めてみると、一カ所どうしても説明のつかない区画があって、そこにそういう取り残された人がいるって話も。
ただ日本海軍に限れば全艦艇の設計図は終戦時に焼却されたから、謎が謎を呼んでそういう話が後付けされたんじゃないかな。
タイタニックでもその話、あるんだが。



746 : 本当にあった怖い名無し 2012/03/23(金) 00:26:13.08 ID:vc893znY0
タイタニックとかの時代って、狭い場所での作業には子供使っていて、死んでも知らんふりって時代だったらしいしなー。
死んだ工員の呪いとかもりもり積み込んでそう。


756 : 本当にあった怖い名無し 2012/03/23(金) 09:41:01.62 ID:+1C/M6x30
http://tott.blog68.fc2.com/blog-entry-140.html#
紫雲丸初めて知ったけど怖いね


757 : 本当にあった怖い名無し 2012/03/23(金) 09:58:17.59 ID:ojT20WrG0
紫雲丸って最後の事故の後も引き上げて
もう一度使ったんでしたっけ?


759 : 本当にあった怖い名無し 2012/03/23(金) 18:06:57.23 ID:Kj2DzvQyO
とにかく、人が死ぬような事故を起こした乗り物を再利用しちゃいけません。
練炭自殺に使われたレンタカーは廃車になっているのかな
夜中一人でレンタカーを運転していて、バックミラーを見たら
後部座席に見知らぬ人が、なんてことあったら事故る自信あるぞ俺は。


760 : 本当にあった怖い名無し 2012/03/23(金) 18:11:09.32 ID:jngh5yX10
>>759
だな。
護衛艦わかばの件はどちらかというと海上自衛隊が旧海軍の正当な後継者であることの血統書が欲しかったかららしい。
沈んだ旧式駆逐艦引き上げるなんてきっとコスパ悪いだろうし。
ただ個人的には沈まずにすんだ巡洋艦酒匂ってのをゴネて保存して血統書に使って欲しかったな。



761 : 本当にあった怖い名無し 2012/03/23(金) 19:41:48.78 ID:AQKT2zqY0
>>759
それを言い出したら、戦争に使う兵器系の艦船や車両なんて
それで人殺しまくってるしなぁ、あと中古品の怪談とかあるけど
それを言い出すと、武具系の骨董品なんて集められないよ
刀なんて古刀は、ほぼ間違いなく人の血を吸ってるし、
甲冑なんかでも、着てた人が死んでるというのもよくあるだろ
実際仕返し物と言って、敵からぶんどった(当然討ち取って)甲冑とか
刀槍を使うのも、普通のことだったらしいし、中には「敵方の○○は
名刀を持っているらしいから、戦場で会ったら絶対ぶんどる」
と豪語する人もいたらしいしな、第二次大戦中でもぶんどり品の
銃器なんかは(性能がよくて)結構人気があったらしいし。


762 : 本当にあった怖い名無し 2012/03/23(金) 21:50:09.65 ID:jngh5yX10
>>761
分捕り品で有名なのは駆逐艦スチュワートだな。あれも結構、話がある。
日本がシンガポールを攻略した時に係留されてた米海軍駆逐艦を再利用したのだが、まるで日本に使われるのを拒否するかのごとく、奇妙な事故、故障が多発したと。



763 : 本当にあった怖い名無し 2012/03/23(金) 23:15:53.78 ID:AQKT2zqY0
>>762
そう言う話では長門の最後が泣けるな、敵に死に様を見せない武士のような最後だった。



*管理人の独り言* すすり泣く女はバンシーや泣沢女神(なきさわめのかみ)を連想させますね…

海にまつわる怖い話・不思議な話 17
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1321840179/
http://archive.2ch-ranking.net/occult/1321840179.html ←過去ログ置き場



【佐世保のNAVY】 海軍・自衛隊の心霊体験談 【駆逐艦「梨」】

798 : 本当にあった怖い名無し 2012/12/01(土) 16:36:42.07 ID:6ph5aVfU0
佐世保のNAVYから聞いた話。
ダイビングの作業訓練で、大戦中に沈んだ潜水艦(国籍不明)
を目印に潜っていた時、相方と工具の確認中に「カンッ、カンッ、カンッ」
と金属音が聞こえてきたらしい。
潜っているのは自分たち2人だけ。
顔を見合わせ良く聞くと、音はその潜水艦の残骸から・・・
ビビって訓練そっちのけで浮上。
上官に報告すると、たまに有ると一言。



他にもハワイの基地での幽霊話とか色々聞いたけど、書いて良い?



799 : 本当にあった怖い名無し 2012/12/01(土) 16:59:47.42 ID:5Vqq+JIY0
書くのは義務だよ


800 : 本当にあった怖い名無し 2012/12/01(土) 17:57:07.14 ID:Kt7YHfN/0
戦争や遭難で海で死んだ人の霊が>>798みたいな感じで現れたりするけど
もし、彼らに遭遇したさいに彼らのそばに近寄り会話とかしたら、そのまま
死の世界に引きずりこまれるのかな?


801 : 本当にあった怖い名無し 2012/12/01(土) 18:48:53.22 ID:5Vqq+JIY0
生気に満ち溢れた陽気やつなら、死霊ごときではとり殺せないらしいから鍛えとこうぜ。
元気の無いのとか、精神的に病んでる奴とか、俺だけは大丈夫とか考えてる迂闊なのは、多分そのまま……


805 : 本当にあった怖い名無し 2012/12/01(土) 20:41:49.42 ID:Kt7YHfN/0
>>801
うーーん、、神仏でもない単なる幽霊の類が生きてる人間を殺せるだけの
力があるのか?と思うけど。


810 : 本当にあった怖い名無し 2012/12/02(日) 11:24:38.52 ID:ANtftuj30
>>798
期待age


おれも実家にいる親父が海自だから聞いてみようかな・・・。



812 : 本当にあった怖い名無し 2012/12/02(日) 13:14:55.65 ID:xVSZetag0
798です
今後、話してくれた彼を「ジョン」パートナーを「トム」とします。

ハワイの米海軍基地での話その①。
言わずと知れた大戦時の米海軍の要、病院内で亡くなった兵士も多数。
夜の警備で敷地内を回っていると、使われてないビルから騒ぐ声が。
不審者か!?と軍用警察犬連れて入ろうとすると、座り込んで怯えて動かない。

続く



813 : 本当にあった怖い名無し 2012/12/02(日) 13:17:52.58 ID:xVSZetag0
仕方ないのでパートナーと銃と小型ライト構えて暗いビルの中へ入ると、案の定、廊下の奥に不審者発見。
近づこうとすると「オイちょっと待てジョン、なぜヤツは見えるんだ?」「?」確かにおかしい。
使われてないビルの中は真っ暗なのに10m程先のヤツがハッキリ見える。
ライトを当てなくても見える、患者が着るような手術用の薄いやつ1枚で裸足の後ろ姿。

続く



814 : 本当にあった怖い名無し 2012/12/02(日) 13:21:03.72 ID:xVSZetag0
2人が固まっていると、ブツブツと何か言いながらゆっくりと振り返る。
後ろにいたトムが聞いた事無い声出しながらすっ飛んで逃げる。
再び前を見ると目の前にグチャグチャに崩れたヤツの顔!

トムが応援連れて来た時は、ジョンは気を失っていた。
その後そのビルは警備中おかしな事があっても入るなとなった。

海とは関係ないけど海軍話って事でご勘弁を。



827 : 810 2012/12/15(土) 15:52:46.50 ID:T0Hfayde0
今日、親父と久しぶりに会ったんで自衛隊で艦(ふね)の怪談がないか聞いてみた。

一番に話してくれたのが、駆逐艦「梨」の話。

呉軍港の空襲で沈んだ駆逐艦「梨」を、戦後引き揚げて、護衛艦「わかば」として使用していた。

空襲で沈んだ時に何十人も死んでいるので、護衛艦「わかば」では幽霊を見たというひとが多数いたとのこと。

船中作業服を着た兵士、あるいは制服を着た士官が、「苦しい、苦しい・・・」といって艦の通路を歩いているのを
何人もの人が目撃したということ。

海自では結構有名な怪談で、みんな知っていると言っていた。

護衛艦「わかば」は新機材の実験等での使用が多く、就役期間も短く、乗組員も少なかったけど、この話は有名だと言っていた。

他の話はまた今度。



829 : 798 2012/12/16(日) 12:20:42.99 ID:b9KMnsU20
810さん
海自の話も興味深いですね。
身近に自衛官がいないんで残念ですけど、色々とあるんでしょうね。

それでは私も軍港関係の話を1つ



830 : 798 2012/12/16(日) 12:22:53.14 ID:b9KMnsU20
聞いた時の感じをわかりやすく文章に。
30年ほど前の話だが、勤めてた軍港の外れに普段は使われていないエリアがあったんだ。
無人エリアで艀にも船影は無い、寂れて人が居ない港を想像したらいいよ。
その日は小雨が降る夏の終わりで、部下と4人で書類や機材をビルの2階へ運んでいた。
普段は使われてないから当然電気も無いのでブラインドを開けての作業。
オフィスの中は全てが古臭く、タイムスリップしたみたいな感じで、ひと段落した後に古い書類や写真とかを見ていたんだ。



831 : 798 2012/12/16(日) 12:24:27.42 ID:b9KMnsU20
いつの間にか雨も止んで夕日が差し込んできた。
そろそろ戻るかと思った時、1Fから電話の音が短くなった。
当然電話も通じてないはずだから、4人ともビックリして目を合わせて無言で固まってた。
そしたら外からパイプ(海軍のサイドパイプだと思う)が聞こえてきた。
ここに来てるのは自分達だけのはず、なんだ?!と思って皆で外に出たんだ。



832 : 798 2012/12/16(日) 12:26:22.26 ID:b9KMnsU20
外に出ると、岸壁にアーミーが整列してたんだよ。
何事だ?と思ってよく見ると、何かおかしい。
辺り一面異様な程のオレンジ色の夕焼けの中でモノクロなんだよそこだけが。
そいつらは微動だにしないで無言、と言うか無音。
そしたらだんだん透けて来て消えだしたんだ。
でも最後の1人が消える前にこっちを見たんだ、悲しそうな目で。



833 : 798 2012/12/16(日) 12:28:12.27 ID:b9KMnsU20
俺ら4人とも泣いてたよ。
岸壁に向かって敬礼しながらね。
あいつらはここから戦地に向かったんだろうね。
そう話してくれた彼の目は潤んでました。
彼がNAVYに居た間に幽霊?に敬礼した話は3つ聞いた(そのうち1回はフィリッピンでの日本兵)。



834 : 本当にあった怖い名無し 2012/12/16(日) 22:19:57.90 ID:DmVEVT0AP ?PLT(23386)
なんだか悲しいね


835 : 本当にあった怖い名無し 2012/12/17(月) 04:29:48.58 ID:efReeTlt0
>>828
沖縄は主に上陸戦だから、艦砲射撃は当然あったな
あと、艦上機が個別に機関銃掃射もやってたんじゃね?

>>827
旧駆逐艦・梨の件はかなり有名な話だよな・・・。



海にまつわる怖い話・不思議な話 18
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1334474705/
http://archive.2ch-ranking.net/occult/1334474705.html ←過去ログ置き場

今までの訪問者
全記事表示リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Twitter...
検索フォーム
プロフィール

リーガン

Author:リーガン
2chなどから集めた怖い話を個人的趣味でまとめています。
リクエスト、削除依頼などがありましたらツイッターかメールフォームからお気軽にご連絡ください。
相互リンク・相互RSSの申し込みも大歓迎です。

ちなみに管理人、大の動物好きですので動物虐待系のネタは故意に排除してます。

RSS登録
素敵サイトさま
あんてなサイト情報
気に入ったらポチッと
ただいまのお勧め
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。