スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【偶然が結ぶ縁】 思わぬことで故人を偲ぶ 【心霊写真】

55 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/05/07(月) 17:00
私の祖母(と母や伯父達)に、聞いた話です。

祖母は若いころ、日本舞踊のお師匠さんをやっていたそうです。
多いときでは20人近いお弟子さんを抱えていて、
年に1回、踊りの発表会の様なものがあったそうなのですが、
ある年に、お弟子さんの一人が、発表会を前にして不幸にも
亡くなってしまいました。

とても熱心な方で、祖母も他のお弟子さんもとても残念がって
いたそうですが、発表会当日、誰ともなく「せっかくですから
●●さんのスペースを開けて踊りましょう」という話になり、
その亡くなった方のいつも踊っていたスペースを一人分
空けながら踊った
そうです。
そして後日、その発表会を撮影した写真が上がってきてびっくり。
なんと、その空いたスペースにうっすらと、その亡くなった
お弟子さんが微笑みながら、踊っているのが写っていた
んだとか。
これを見た祖母もお弟子さん方も「ああ、●●さんも楽しそうに
踊れて、良かったねぇ」
と嬉しくなり、記念にその写真を焼増して、
大切にとっておいたそうです。

残念ながらこの写真は、戦火で焼けてなくなってしまったそう
ですが、母や伯父達も小さい頃見せてもらったことがあるらしく、
それぞれ「うちには昔、すごい心霊写真があったんだぞー」
と笑って自慢をしていました(笑)。



57 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/05/07(月) 20:20
>55
その写真、見たことありますよ。私は何の関連もありませんが、新聞記事で。
記憶では焼き増しされて配られた1枚が、何十年か振りに関係者の家から
見つかり、改めて故人を偲んだ、
というような記事でした。ただその記事では
踊るスペースを空けたのではなくて、「前後の人が見えない何かにつかえて踊り
にくく、結局一人分のスペースが空いてしまった」
となっていました。
もう20年以上前、お盆前後のトピックス記事です。そのあといわゆる心霊本にも
同じ写真が掲載されていました。



59 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/05/08(火) 11:15
>>55です。
>>57さん、レスありがとうございます。
なんと! やはり本当にあったのですね、その心霊写真!
いえ、勿論祖母も母も伯父も嘘をつく人たちではないので、
疑っていたわけではないのですが、こんな形で確認できる
とは感無量です。
さすがは2チャンネルですね。(^^)
一人分スペースうんぬんは、もしかしたら私の覚え違いや
母や伯父の又聞きの際に、曲がってしまったのかも。
祖母の話は小さい頃に、一度、聞いたきりでしたし、
もう何十年も昔の話ですしね。
その新聞記事も心霊本もぜひ、拝見してみたいですが…
今となっては難しいのでしょうね。

祖母は残念ながら数年前に他界してしまったので、
母に報告してみますね。きっと懐かしがると思います。



61 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/05/08(火) 18:49
>55さん
お役にたてればなによりです。レスを読んでて、そういえば写真はあれ以来見てないけど
記事は比較的最近またどこかで読んだなあと思い、捜してみたらありました。
社会思想社刊 現代教養文庫「日本怪談集 幽霊編」今野円輔著に 「踊りへの執念」
題して、以下の文が掲載されています。
(~の部分は実際の地名、人名が掲載されていますが55さんの個人情報にあたるかも知れ
ないのでここでは伏せました。)




昭和十四年夏~で、夏まつりの踊りのけいこが同地区の故~医師の大広間で毎日行われて
いた。この中に「夕暮れ」を踊る五人の娘さんのグループがあったが、一番熱心で、上手
だったA子さん(当時21歳)が、本番の夏まつり前に病気におかされ、ついに「夕暮れ
を踊って死にたい」
とうわごとを繰り返しながら死んだ。
A子さんは踊りの練習のとき、いつも五人グループの左から二番目で踊っていたというが
、いよいよ夏まつりの夜、A子さんのいたグループ四人が「夕暮れ」を踊りはじめると、
左から二番目に立った人が息苦しく、だれかにつかえて踊りにくく、しまいにはどうして
も一人分の間を置かないと踊れなかった。

やがて踊りもすんで、~医師が四人の娘さんたちをびょうぶの前に並べ記念写真をとり、
焼いてみると、なんと左から二番目に死んだA子さんの顔がぼんやり写っていた。この話
はたちまち付近の話題となり、大半の人が、「写真の二重焼きだ」といって相手にしなか
ったが、~医師はA子さんの写真をとったこともなく、あまり不思議なので焼き増しして
保存していた。
その後大事に保存されたキャビネ版の色あせた一枚が、このほど県警教養課の手に入った
ものだが、事実ぼんやりと左から二番目に娘さんの顔がうつっており、同県警では八月の
警察新聞に写真入りで「お盆の話題」として紹介する
という。(毎日新聞 昭和35年)


この記事は昭和35年とありますが、私の読んだ記事はもっとあとなので、同じ話題が時間
を置いて、別の新聞に掲載された
のを読んだものと思います。以上ご参考まで。



63 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/05/08(火) 23:21
カキコの巡り会いですな。
いいスレに出会えましたよ。
あげるかんな!絶対あげるっちゅうの!


68 名前: 55 投稿日: 2001/05/09(水) 12:21
>>57さん、打ち込み転載までしてくださって
本当にありがとうございます。
このスレ住人の方の優しさが目に染みます。
「日本怪談集 幽霊編」は、早速この週末に
本屋や図書館をまわって捜してみます。(^^)

ちなみに、昨晩この話を母にしたところ、母も
その写真が新聞記事になっていた事を知ってお
りました。(見たことはなかったようですが)
そして、これをきっかけに、私が今まで聞いた
ことの無い祖母の思い出話にも華が咲きました。
思わぬことで故人を偲ぶ――まさにこのスレの
導きかと…。本当に感謝しております。


では、長々と私事を失礼いたしました。
これにて名無しに戻ります。m(_ _)m



69 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/05/09(水) 17:25
>>68の55さん
よかったね~、なんかほのぼの~~。
お母さんとおばあさんによろしく!





◆◇心霊ちょっといい話◇◆PART2
http://piza.2ch.net/occult/kako/988/988651605.html
スポンサーサイト


【二人の姉】 「妹が心配なの」とただ言っていた 【渡された光る玉】

25 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/05/04(金) 21:57
このスレ読んでほんとよかったです。涙が止まりません。

私も似たような体験があります。
私の母は私を産む前に2回流産しており、3度目(私)も何度か駄目になりかけていたそうです。
妊娠4ヶ月頃の時もやはり体調を崩して流産しかけたらしいのですが、
その時、庭で二人の女の子が遊んでいる声を聞いたそうです。
その当時の我が家の立地条件から、近所の子が庭で遊ぶなんて事は考えられないということで、
看病しに来ていた叔母に見に行ってもらったそうです。
そしたらその女の子達が、「妹が心配なの」とただ言っていたそうです。
叔母が母にこの話をしたとき、「もしや」と思ったそうです。
産めないまま水子にしてしまった子達ではないか、と。
その晩、母はこんな夢をみたそうです。
目元がよく似た二人の女の子が光る玉らしきものを抱えていて、
「自分達は生まれてもすぐ死んじゃう運命だったから、次の子に全部任せる事にしたんだけど、
今のままじゃまた生まれてもすぐ死んじゃうからこれを渡したかった」

と言ったそうです。
そして、ぼうっと立ちつくす母に向かってその玉を渡したそうです。

その数ヶ月後に、母は未熟児でしたが無事女児を産みました。これが私なんですが。
乳幼児の頃はかなり病弱だったそうなのですが、2歳の時に病院でずっと、
「お姉ちゃんがいる」と言っていたそうです。(記憶はありませんが)
今19歳ですが、無事健康優良児で生きています。
きっと、姉二人が守っていてくれるんだなぁとこのスレを読んでしみじみ思いました。



26 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/05/04(金) 22:06
>>25 強烈にいい話だ……

漫画の話ですまんけど、大島弓子のマンガに、妊娠中の母が
胎内にいる妹をあきらめようとした(経済的な理由だったか
なんだか忘れた)が、気配を察した姉が、泣いてひきとめた
ので産むことにした、ってのがあったなぁ……。


27 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/05/04(金) 22:32
>>25
すごいいい話だね。お姉さん達に感謝だよ。
もしかしたら将来あなたの娘として生まれてくるかもしれないね。
ところで「お姉ちゃんがいる」というのは一体どのような状況?
記憶が無いって言ってるけれど、見えていたとか気配がしていたとかそういう事?


28 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/05/04(金) 23:01
>>25
猛烈に泣けた。


29 名前: (・∀・)イイ 投稿日: 2001/05/05(土) 00:06
(・∀・)イイ話なのでage

2chでこんないい話に出会えるとは・・・


30 名前: 25 投稿日: 2001/05/05(土) 00:22
母は時々「あぁ近くにいる」といって手を合わせます。(私に向かってです)
この話を聞いたとき自分もすごく泣いた覚えがあります。小5の時ですが。
>>27さんの質問に対する回答なのですが、どうやら「見えて」いたらしいです。
ほんと覚えてないんですけどね(^^;)



37 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/05/05(土) 22:10
25を読んで泣きそうになった。
私にも生まれてこれなかった姉がいる。
どこかで見てくれているとしたらきっと怒ってると思う。
鬱になって自殺未遂したりしてるし、自立もしていない。
嫌だろうな生まれてきたのがこんな奴で。
すごく自己嫌悪、姉と代わってあげたかった。


38 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/05/05(土) 22:40
生きにゃならんのよ。何が有ろうと。
また今夜もありがとう。
気づかされることが又あったなぁ…


39 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/05/06(日) 02:22
・・・うんうん





◆◇心霊ちょっといい話◇◆PART2
http://piza.2ch.net/occult/kako/988/988651605.html


【X'masの不思議】 「一杯のモスコミュール」

177 : 本当にあった怖い名無し 2011/12/02(金) 17:42:37.36 ID:XxsAMuGo0
もうすでにおっさんなのだが投下する

長文だけどよかったら聞いてくれ

もう今から15年以上前、俺はベイエリアのとあるカフェでボーイのバイトをしてた
その店は雑居ビルの最上階にあり窓からは東京湾の夜景が見れる店
当時はネットで店の情報を探るなんてものはなかった時代
だから知る人ぞ知る、大人の隠れ家的なカフェだった



178 : 本当にあった怖い名無し 2011/12/02(金) 17:43:54.50 ID:XxsAMuGo0
その日はクリスマスイヴだった
いつもは常連が多い店もその日だけは初めて来店するカップルで賑わっていた
たしか8時をまわった頃だったと思う
女性が一人で来店した
年齢は30歳前後、髪は長めプラダのバックを持っててとても雰囲気のある女性だった
なにより抜けるように白くてきれいな肌の女性だった
「いらっしゃいませ。何名様ですか? お好きな席へどうぞ」と接客
その店のバーテンは二人ともイケメン
それ目当てに一人で来る女性は珍しくなかった
だからカウンターに行くんだろうなって見てると予想を裏切り窓際のカウンター
メニューを持って行くと「待ち合わせなのでオーダーは後からで」
俺は持ち場に戻った



179 : 本当にあった怖い名無し 2011/12/02(金) 17:45:34.18 ID:XxsAMuGo0
少しずつ夜も更けてくるとカップルが一組また一組と帰って行った
こいつらこれからどっかでセクロスしまくるんだろうぐぁの妬みいっぱいになりながら接客に没頭

窓際の女性の待ち合わせ相手がまだ来てないのに気づいたのは10時を過ぎた頃だったと思う
その頃には客もまばらだった

カウンターに行きオーナーでもあるチーフバーテンダーに「あのお客さんの連れまだ来ないっすね」と話した
オーナーだけじゃなく他のボーイらもみんな気になしていた

と言うのはその女性、待つことが当たり前のように座ったままずっと窓の外を見ている
普通ならカウンターに肘をつくとか座り位置を直すとかするのにずっと同じ姿勢と同じ目線
その横顔はどこか寂しげでもあり楽しそうでもある



180 : 本当にあった怖い名無し 2011/12/02(金) 17:46:55.49 ID:XxsAMuGo0
その雰囲気は店の者みんなが声をかけにくくするのに充分だった

それから少し時間がたったころ仲間のボーイが少し慌て気味にやってきて
「あの窓際の女性、居ないんだけど」
まさかと思い店を見渡しても姿が見えない
「トイレじゃないの?」と聞いてみたのだがそこにもいないと
いったいいつ店をでたんだ?ってことになった

すぐにチーフバーテンダーへ報告
「きっと待っても来ないとわかってこっそり帰ったんだろう」
まあなにもオーダーをとって無かった訳だし、イヴにふられるなんて可哀そうな女性だなってことでその場は収まった



181 : 本当にあった怖い名無し 2011/12/02(金) 17:48:02.00 ID:XxsAMuGo0
その時、一人の男性が来店した
その男性も見たことない人だった
いつものようにお好きな席へと言うとその人は先ほどまで女性が座っていた窓際のカウンターへ
俺はメニューを持ってオーダーを取りに行った
「モスコミュールとローゼスのプラチナをシングルで」忘れもしない、このオーダーだった
モスコにローゼス?変な取り合わせだなと
その時思った
あ、もしかしてさっきまでここにいた女性が待ってたのはこの男なのかな



182 : 本当にあった怖い名無し 2011/12/02(金) 17:49:21.94 ID:XxsAMuGo0
オーダーを告げた時チーフに言った
「あの人、もしかしてさっきまでいた女性が待ってた男ですかね」
「いや…どうかな。もし待たせたならもう少しあわてた素振りあってもいいだろう。こんな時間での約束ってのも変だし。」
確かにそうだった。もし遅刻して相手が居ないのなら店の中を見渡すだろう。店の人間に聞くのも普通だし。もうすぐ日付も変わるこんな時間に待ち合わせってのも変だ
チーフの答えに半ば納得した俺は男性へオーダーされた酒をもっていった

二つとも飲むと思ってた俺は男性の前にモスコとローゼスを置いた

するとその男性はモスコを誰も座っていない隣の席の前にすべらせたのだ

そして置いたままのグラスに軽く乾杯をしてローゼスを口に含んだ
何とも言えない悲しそうな表情を浮かべながら
そしてその表情のまま窓からの夜景を見ていた



183 : 本当にあった怖い名無し 2011/12/02(金) 17:50:33.50 ID:XxsAMuGo0
「どおしちゃったんですかね、あの人。なんかふられたって感じでもないし」チーフに話した
「イヴだからって幸せなヤツばかりじゃないってことだろ」チーフの答えだった

日付も変わってしばらくすると店にはその男性しか居なくなった
相変わらずどこか寂しげに夜景を見ながら一人で飲んでた

チーフがカウンターから出てきてその男性のところへ
「もうお客様しかいません。よかったらカウンターへどうですか?お話しながらのほうがお酒も美味しいですよ」

男性は少しだけ恐縮しながらカウンターにやってきた

最初は普通の世間話だった
店にある酒の話とかプロ野球の話とか



184 : 本当にあった怖い名無し 2011/12/02(金) 17:51:43.91 ID:XxsAMuGo0
そのうち酔いもまわってきたんであろう男性がぽつりぽつりと語り始めた

去年の春に結婚した
その年のイヴにこの店に来てあの席で二人並んで飲んだ
奥さんは結婚して初めてのイヴを過ごしたこの店がすごく気に入り来年も来ようと言った
来年だけじゃなくこの先もずっとイヴはこの店ですごそうと言ってた
とても幸せな幸せな時間だった

でもその奥さんが白血病になった
もうどうしようもないくらい進行が早くて治療が追いつかなかった
抗がんの副作用で苦しむ奥さんに今年もあの店に行くんだろう、頑張れと言った
奥さんもあのお店に行きたいと言ってた
でも先月の初めに亡くなった



185 : 本当にあった怖い名無し 2011/12/02(金) 17:52:53.53 ID:XxsAMuGo0
今日も部屋で一人泣いていた
街に出て幸せそうなヤツらを見るのが耐えられないから
酔って寝てしまおうと思った
それで家にあった酒をコップに注いだ時、不意にこの店に行こうと思った
なぜかわからないけど急にこの店に来たくなった
それでタクシー飛ばして来たんですよ
と涙を浮かべながら話してくれた

その瞬間全てがわかった

俺だけじゃなく店の人間全員が



186 : 本当にあった怖い名無し 2011/12/02(金) 17:58:23.86 ID:XxsAMuGo0
思わず聞いてしまった。そして言ってしまった。
「あの…奥さんは髪の毛がこんな感じで身長がこれくらいでプラダのバック持ってますか」と

「その通りですけど、どして?」

「お客様が来られる前、あの席に座っていた女性がそうだったんです。待ち合せの相手が来なかったのでてっきりふられて帰ったのかと」

「そうか、先に来てたんだ。もう少し早く来たら会えたのに」
そう言って泣き崩れた



187 : 本当にあった怖い名無し 2011/12/02(金) 17:59:52.76 ID:XxsAMuGo0
チーフが言った
「きっと来ても会えなかったと思います。なぜなら待っていた女性は寂しいというよりどこか安らいでる表情でしたから。
きっとお客様とすごした時間が幸せだったからでしょうね」
俺もそう思った
きっと早く立ち直ってほしいからこの店に来させそして痛みや苦しみから解放された姿を俺らに見せ伝えることで
早く立ち直って欲しい奥さんの愛
なんだろうと


今でもこの時期になると思いだすこの不思議な話

長文で失礼でした

最後まで読んでくれてありがと



188 : 本当にあった怖い名無し 2011/12/02(金) 18:17:28.25 ID:tvLUUncTO
(涙)が止まらない


190 : 本当にあった怖い名無し 2011/12/02(金) 18:45:13.80 ID:QY9SQiYj0
>>176
赤くてでっかい月自分も見た
超ドデカくて低い位置じゃなかった?

>>177
泣かせるんじゃねーよおおおこの野郎!
せつない話だなぁ…


191 : 名無しさん@HOME 2011/12/02(金) 19:25:45.14 ID:683kcdKRO
いい話だなー(:_;)


192 : 本当にあった怖い名無し 2011/12/02(金) 19:44:31.17 ID:L/K5ecAA0
「一杯のモスコミュール」

映画化だな封切りは来年のイブでいいか


194 : 本当にあった怖い名無し 2011/12/02(金) 23:07:54.75 ID:eMiu1fR90
>>177
いいなあこういう話
実話でも創作でも


195 : 本当にあった怖い名無し 2011/12/02(金) 23:30:01.73 ID:n2EcUYb/0
せやな


196 : 本当にあった怖い名無し 2011/12/02(金) 23:47:34.67 ID:T4I5KjFJ0
まさかオカ板でやられるとは思はなんだ 


198 : 本当にあった怖い名無し 2011/12/03(土) 01:06:53.13 ID:n+ZJ3REl0
まさか、このスレで泣かされるとは…


199 : 本当にあった怖い名無し 2011/12/03(土) 01:22:57.39 ID:hFy8pgrkO
まあクリスマス当日は俺も泣くし安心しろ


200 : 本当にあった怖い名無し 2011/12/03(土) 02:25:05.92 ID:f9q9UUPW0
俺の辞書にクリスマスという文字はない




ほんのりと怖い話スレ その80
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1322154035/
http://archive.2ch-ranking.net/occult/1322154035.html
今までの訪問者
全記事表示リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Twitter...
検索フォーム
プロフィール

リーガン

Author:リーガン
2chなどから集めた怖い話を個人的趣味でまとめています。
リクエスト、削除依頼などがありましたらツイッターかメールフォームからお気軽にご連絡ください。
相互リンク・相互RSSの申し込みも大歓迎です。

ちなみに管理人、大の動物好きですので動物虐待系のネタは故意に排除してます。

RSS登録
素敵サイトさま
あんてなサイト情報
気に入ったらポチッと
ただいまのお勧め
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。