スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【謎の符合】 ・・・ああ、やっぱり。・・・やっぱりだめだった・・だめだったんだ、ああ・・・ 【生々しい夢】

879 :本当にあった怖い名無し:2014/02/26(水) 22:22:35.74 ID:5uQUta370
ここに書いとこう。少し長めです。

三年くらい前の職場での出来事。

その時職場に入って一年目だったんだけどストレスも溜まる頃で、
当時、家で寝るときに頻繁に耳鳴りに襲われることがあって不眠状態が続いてた。

その日も仕事終わって、12時頃に寝ようと布団に入ったけど案の定なかなか寝付けない。
枕元のPCで昔のコント番組とか流しつつウトウトしてたんだよ。
そしたらきーーーーーんって結構強い耳鳴りがしてきて、ハッと気がついたら職場にいるの。



881 :本当にあった怖い名無し:2014/02/26(水) 22:26:27.10 ID:5uQUta370
夜中の薄暗い事務所に背広着て独りで立ってぼーっとしてた。
7つくらいデスクがある小さい事務所なんだけど、夜中でも守衛さんが随時見回りに来るから
小さい天井のライトはついてて真っ暗闇ではなかった。
でもすぐに「あ、これ夢だ」って気がついた。
なぜかというと、寝る前に見てたコント番組の芸人の声とか客の笑い声とかがずっと遠くで聞こえたから。
ホントに遠くの方で「ははは」とかネタやってる芸人の声とかがうっすらと聞こえてくる。



882 :本当にあった怖い名無し:2014/02/26(水) 22:29:06.64 ID:LdK1SbA6O
>>879 記憶混濁系?


883 :本当にあった怖い名無し:2014/02/26(水) 22:30:56.42 ID:5uQUta370
でもあまりにも目の前の空気感とか、デスクの手触りとかが
生々しすぎて「うわー、すげーこれホントに夢?」とか結構ビビリながら事務所をうろうろしてた。
そしたら目の前の事務所の電話が鳴ったんだよ。
ふと壁にかかってる時計を見たら、深夜2時頃だった。
で、何故か受話器に手を伸ばしてしまった、会社勤めのさがというか普通に対応した。



884 :本当にあった怖い名無し:2014/02/26(水) 22:34:28.61 ID:5uQUta370
「はい、○○課のA(俺の名前)です」
すると受話器の向こうからブツブツと何かつぶやく男の声が聞こえた。
電波が悪いのか声が遠いから、よく耳を澄まして聞くと独り言みたいなことを言ってる。
「・・・ああ、やっぱり。・・・やっぱりだめだった・・だめだったんだ、ああ・・・」
みたいな何かを残念がってるようなことを言ってたと思う。



888 :本当にあった怖い名無し:2014/02/26(水) 22:38:32.99 ID:5uQUta370
何度か「もしもし?どうかされました?」と問いかけたけど反応がないから切ろうとしたんだよ。じゃ突然。
「もしもし、A(俺)さんと言いましたか?イノウエです。社長は?社長はいますか?」
って急にクリアに声が聞こえてきて
「え?社長は、もう退社されましたけれども・・」って返答すると、またさっきのように
「・・・ああ、ダメだ。ダメだった・・・社長は・・・・だめだ・・」みたいな独り言を繰り返してる。
急にぷつっと電話が切れた、と思ったら目が覚めた。

882 いえ自分の中では単なる夢の話で片付けてます。




889 :本当にあった怖い名無し:2014/02/26(水) 22:42:56.99 ID:5uQUta370
やっぱり自宅の布団の上で寝ててPCでコント番組が流れてた。
なんかホッとしたけどあまりに生々しい夢でちょっと気分が悪くなったのを覚えてる。
で、しばらく普通に出勤してたんだけど
なんとなく夢のことが気になって、事務所で結構長くいる古株のおばちゃん社員に
仕事の合間に喫煙所で聞いてみたんだよ。



890 :本当にあった怖い名無し:2014/02/26(水) 22:46:54.29 ID:5uQUta370
「ここってイノウエさんとかっていう人いましたっけ?」
おばちゃん「イノウエさん?・・・え!?なんで?」
「いやなんか、この前、夢でイノウエさん?みたいな名前の人が出てきて」
で、ここでおばちゃんの顔色が急に変わったので、あ、なんか嫌な思いでとかあるのかなと思ったら。
おばちゃん「・・・イノウエさんって、昔自分で逝っちゃった社員いるのよ・・」
「え・・・そうなんですか」



891 :本当にあった怖い名無し:2014/02/26(水) 22:48:02.44 ID:Bs4+KRVa0
ほんのりじゃねえなw普通に怖い


892 :本当にあった怖い名無し:2014/02/26(水) 22:50:49.67 ID:5uQUta370
ちょっと嫌な予感はしたんだけど。
その場が凍りつきそうになったのでとりあえず、井上さんとかよくある名前だから、友達にもいるし
みたいな適当なこと言って話を続けた。
おばちゃんも最初は話しにくそうにしてたけど
まぁ、おばちゃんって基本うわさ話とか、他人の不幸話とか喋るの好きだからいくつか質問したらほいほい答えるのよ。



893 :本当にあった怖い名無し:2014/02/26(水) 22:57:19.41 ID:5uQUta370
そしたら、そのイノウエさんっていう人、自宅で首をくくったらしいんだけど原因は不明。
遺書もなくて、結局詳しいことは知らされずに処理されたらしくて、それが10年くらい前。
ただ自○する前日に会社に何度か電話をかけてきたらしくて、おばちゃんもその電話を一回とったみたい。
で、その内容っていうのが
「社長はいますか?いないんですか、ああ、やっぱりダメだ・・・ああ・・やっぱり・・・・うわあぁ!」
みたいな意味不明な内容だったらしく。


895 :本当にあった怖い名無し:2014/02/26(水) 23:01:02.59 ID:5uQUta370
そのイノウエさん、真面目なひとだったけどあまり周囲と馴染む感じの人じゃなくて
ほかの社員も何人か電話受けたけど変な電話だったね、みたいな感じでほったらかしてたんだって。
イノウエという名前だけならまだしも会話の内容が夢とちょっと似てて
さすがに背筋がぞぞぞぞっとなったのを覚えてる。
さすがに、おばちゃんには夢の中での電話の内容までは話さずに隠しておいたけど。



896 :本当にあった怖い名無し:2014/02/26(水) 23:05:21.77 ID:5uQUta370
さらに、そのイノウエさん死亡推定時刻が深夜らしく
守衛のおっちゃんがその当日夜中にどこかで電話が鳴り響いているのを巡回の最中にきいたみたい。
もちろん、それが事務課の電話かどうかはわからんみたいだけど。
もう、このへんで心の中では(うわーー!うわーー!)状態で
おばちゃんもう聞きたくないから、話さないでと思ってた。



898 :本当にあった怖い名無し:2014/02/26(水) 23:09:44.22 ID:Q+QtGRV40
きっとその人の幽霊だろ


899 :本当にあった怖い名無し:2014/02/26(水) 23:09:55.40 ID:5uQUta370
なんかもう偶然にしても色々ハマりすぎて怖かった。
一番嫌なのが俺ってバカ正直だから、あの夢のなかでイノウエさんに自分の名前名乗っちゃったんだよね。
「Aさんといいましたか?イノウエです」って声が耳から離れなくて・・。
それからしばらく耳鳴りとかも治まって夜も寝れてたんだけど
最近また耳鳴りがあるんだよ・・。
それ以来、会社の電話をとるのが、ちょと怖い。



908 :本当にあった怖い名無し:2014/02/27(木) 10:17:37.30 ID:rD7I0cIwP
>>899
素晴らしくほんのりなお話だった。ありがとう。






ほんのりと怖い話スレ その100
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1390351569/


スポンサーサイト


「あんたはもうここで遊んだらいけんのよ、戻れんようになるよ」

179 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/07/13(金) 05:41:08.39 ID:Dt0mdHYbP
ここは建築に詳しい人がたくさんいるみたいだからちょっと聞きたいんだけど、
日本家屋で、大工さんが施主の家に独断で神棚を祀るってよくある事なんでしょうか?

中国山地の山奥に住む母方祖父母の家(築100年ほど)には、氏神さまを祀った神棚や
先祖代々の仏間とは別に、2階の一部屋に、謎の神棚が作ってあるんだよね。
てっきりご先祖が祀ったものなのかと思ってたら、
「いにゃ、あれぁ、でぇくさん(大工さん)がこしらえたもんよ」
「さぁて何の神さまなんかのう? 私らも知らんのよ」と。

何でも、100年前、家の工事中に大工さんが手製の神棚を2階の部屋に持ち込んでお参りし、
工事が終わった後も、この神棚を祀り続けるようその時の当主に伝えた
のだとか。
うちの母や他の親戚たちに聞いても、
「さぁ~知らんけど? でぇくさんは迷信深いけぇ、何か(呪いのような事でも)したんじゃろ」

…いや、他人の家で勝手にまじないするって十分にオカルトな気がするんだが…。
迷信深いとかそういう問題なの? 大工さんにとってはデフォルトな行動なの?
「悪いもんじゃねーから、気にしにゃあね!(悪い神さまでは無いから気にしなくても大丈夫よ)」
と、大らかなんだか無神経なのか分からない田舎の人達も色々と謎です。



180 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/07/13(金) 08:56:02.57 ID:eODbKdep0
東北地方だけど、住人の目に付く所に勝手に神棚を設置した話しは聞いたことがないな。
最近のハウスメーカー製の住宅では見ないけど、ちょっと以前の大工棟梁が普請した
ような建物だと、屋根裏の棟束に棟札を取り付ける事はよくあった。
これはその家の繁栄と大工職人の技術向上を願って、大工の神様とされる聖徳太子
(旧壱万円札ではないぞ)を奉ってると聞いた。


184 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/07/13(金) 13:05:52.38 ID:Whzl/ClO0
地方地方で仕来りがあるから一概には言えないよ

もう廃れたけど、俺の田舎では庭に池を作る風習があった
用水路から水を引き入れて、外に放流するタイプの池で、
採ってきた魚に泥を吐かせたり、野菜を冷やすのに使う
池には水神様を祭る慣わしがあるから、施主が何にも言わなくても庭師が勝手に作ってた

山からの清水が通る水路や、滝がある所にも地蔵を祭るのが普通で、止めろといわない限りは庭師が設置する
土地の真ん中を水路が通る場合は大変で、水路の上は建物を建てないって決まりだったから
母屋と離れに分けて建築。二つを屋根付の渡り廊下で結んでいた
(旅館じゃなくて一般家庭でもそうだったよ)


186 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/07/13(金) 18:15:41.85 ID:Dt0mdHYbP
>>180>>184
なるほど、レスありがとう。
当時のその地方の大工さんのしきたりだった可能性がありますね。
神棚の中身を見たことのある祖父の話によると、小さな白い御幣が納めてあったそうです。
ちなみに、地元の国立大の学生さんが聞き取り調査に来た時は、「家神さまじゃないか?」と言っていたらしい。
御札じゃなくて、神棚で聖徳太子を祀る地方もあったということかな?

実は子供の頃、祖父母の家に泊まった時にちょっと不思議な夢を何度か見たりして、
謎の神さまと何か関連があるのかなあ…と、ずっと気になってたんだよね。
ここって、そういう夢関係の話でも書いてもいいのかな?



187 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/07/13(金) 18:26:00.76 ID:NaB693830
大阪には家造祖(やづくりみおや)神社と云うのがありまして、
建築業界の方に多く崇敬されていますよ。
棟梁さんが祀って下さった神さまも、同じような由縁の神さまかも
知れません。

興味のある方はどうぞ。
http://www.city.osaka.lg.jp/tennoji/page/0000000251.html


なんか、カルト宗教の方が紛れ込んで来たようですが、
皆さん相手にしないようお願いします。


188 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/07/13(金) 19:00:36.17 ID:Whzl/ClO0
>>186
聞きたい聞きたい

西日本の宮大工や城大工の世界だと、昔は建築の高さ制限があったんだって
古代出雲神社の神殿の高さより高いものを建ててはいけない。という口伝が伝わっていたそうだ
戦国末期に信長の安土城建設の時にその高さ制限に引っかかるので、当時の棟梁たちは難色を示したらしい
(口伝の内容は外に漏らしてはいけないというので、理由は言うに言えず。
タブーを破るのも・・・ということだったらしいが)


190 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/07/13(金) 21:19:27.96 ID:Dt0mdHYbP
>>188 では、お言葉に甘えて…。
初めてその夢を見たのは確か幼稚園くらいの時だったかな。
夢の中で私はいつも祖父母宅の庭に立っている。

見上げると、家の北側に見たこともない大きな茶色の土壁の建物があって、
その建物は3階くらいの高さがある。屋根は黒瓦で、入り口には木の扉、
そして、建物の3階部分にだけ、いくつかの小窓が付いていた。
祖父母の家はごく一般的な2階建ての木造日本家屋だったから、なぜ、
夢の中にそんな大きな建物が出てきたのかは分からない。
でも子供だった私はとても嬉しくて、わくわくしながらその建物に入って行った。

入り口のすぐ側には木の階段があった。
一番上の3階まで登って行くと、綺麗な赤紫の絨毯が敷き詰められた部屋に出た。
部屋には私の他にもたくさんの子供たち、そして私の兄弟やイトコ達もいて、
みんなで部屋で駆け回って夢中になって遊び始めた。
ひとしきり遊んで満足すると弟やイトコ達が階段を降り始めたので、私も一緒になって帰って行った。
他の子供達はそのまま3階に残るようだった。



191 名前:190 投稿日:2012/07/13(金) 21:54:34.29 ID:Dt0mdHYbP
小学4、5年くらいまで何度かその建物の夢を見たけど、成長するにつれ、少しずつ夢の状況が変わっていった。
最初は従兄が、その次はうちの弟が、やがて年下の従妹も、だんだんと夢に出てこなくなったのだ。
少し寂しさを感じたものの、3階の部屋には相変わらず大勢の他の子供達がいたから、
あまり深く考えず、私だけはその部屋で遊び続けた。小窓からは村の風景がよく見えたのを覚えている。

夢の中でいつものように遊んだ後、小窓から外の風景を眺めていると、誰かが階段を登って来た。
それは、母だった。
「本当はここは入っちゃいけん部屋なんよ。あんた、もう戻りんさいや」
その時から、夢の中にはいろんな大人が登場するようになった。
ある時は祖母が、またある時はイトコのおばちゃんや大叔母が、代わる代わる私を呼び戻しては、
部屋から連れ帰るのだった。不思議と、登場するのは女性ばかりだった。

ある時、迎えに来た母が言った。
「もうあんたはこの部屋には入れんくなるよ。もう来ちゃいけんからね」
「なんで、いけんの?」
「あんたはもうここで遊んだらいけんのよ、戻れんようになるよ」
「………」
「いい?それにもうこの建物は無くなるけぇね。皆おらんくなるん。だから、バイバイしようね」

建物を出ると私は3階の小窓を見上げてみた。あんなにたくさんの子供達がいたのに、
しーんと静まり返って、まるで最初から誰もいなかったかのようだった。



192 名前:190 投稿日:2012/07/13(金) 22:22:42.65 ID:Dt0mdHYbP
その後、何回か夢に建物が出てきたけど、昔と違って、私は入り口から先に進めず、
一人で庭から建物を見上げるだけになってしまった。

なにか納得出来ない私は、現実の世界で、こっそり大人たちの目を盗んでは、
母屋の2階の部屋を調べまわったり、屋根に上がったり、蔵や納屋に忍び込んでみたりした。
あの不思議な3階へ行くための隠し通路か何かが、本当はどこかにあるんじゃないかと思ったから。
もちろん、>>179の神棚の部屋も調べてみたけど、何も見つかりはしなかった。
やがて中学生になる頃には、夢の事もだんだんと思い出さなくなってきた。

再び夢の事を思い出したのは、大人になってからだった。
祖父はもう亡くなり、一人になった祖母は、若い頃の苦労や思い出を私に向かってよく喋るようになっていた。

祖母の話によれば、祖母の姑、つまり私の曾祖母は大変な子沢山だった。
10人産んでも次から次へとまた子供が出来るので、何度も何度も中絶し、
姑の入院に付きそう祖母も大変な思いをしたという。
堕ろした子供たちは本家の墓所とは別に、家の敷地内のある場所に埋葬されたという…。


…私が夢の中で遊んでいた子供たちは、ひょっとして、
生まれて来なかった曾祖母の子供達だったのかも…??
呼び戻しに来てくれた女の人は、家の神さまだったんだろうか??
(長くなったけど終わりです。お目汚しスマソ)



193 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/07/13(金) 22:47:22.79 ID:NaB693830 [2/2]
190さん、不思議なお話をありがとう。
子供の頃は、もしかしたらあなたのおじさん、おばさんになっていた
であろう幼い魂達と一緒に成長して来たんですね。

切なくてきゅんと来るお話でした。



【御神木】建築土木関係のオカルトな話【井戸】
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1338348127/

今までの訪問者
全記事表示リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Twitter...
検索フォーム
プロフィール

リーガン

Author:リーガン
2chなどから集めた怖い話を個人的趣味でまとめています。
リクエスト、削除依頼などがありましたらツイッターかメールフォームからお気軽にご連絡ください。
相互リンク・相互RSSの申し込みも大歓迎です。

ちなみに管理人、大の動物好きですので動物虐待系のネタは故意に排除してます。

RSS登録
素敵サイトさま
あんてなサイト情報
気に入ったらポチッと
ただいまのお勧め
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。