スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【殺人事件の裏側】 親父さんが頭から血を流して「いてぇ・・いてぇ・・」とつぶやいていた。

941 : 本当にあった怖い名無し 2012/06/13(水) 12:15:39.05 ID:vtfQqwxD0
小学生の頃、よく遊んでいた友達にAという奴がいた。
Aは俺の1歳年下で、少し気弱な奴だったが、ゲームが上手く、よく笑うかわいいやつだった。
だが中学に上がると悪い奴らとつるむようになり、俺は話すこともなくなってしまった。

ある日、夜中にコンビニへ行く途中にAの家の前を通ると、Aの親父さんが頭から血を流して「いてぇ・・いてぇ・・」とつぶやいていた。
Aの家へは遊びに行ったこともあり、Aの親父さんとも顔見知りだった。
「大丈夫ですか?」と声をかけると、親父さんは俺に手招きをして、裏庭の方へ歩いて行った。
俺も後を追い裏庭へいくと親父さんはいなくなっていた。

家の中はカーテンが閉まっており、明かりがなく暗いが窓が少し開いていたので、家の中に入ったのかな?と思いしばらく待っていたが、親父さんは出てこない。
窓を開け「おじさ~ん」と小さく声をかけてみたが応答はなかった。
どうしたんだろ?と思い中へ入ると真っ暗で少し変なニオイがして、暗くてよく見えなかったが、部屋の隅で誰かが寝てるような感じがした。
なんだか少し怖くなり、「おじさ~ん!」と大きな声をかけると、すごい勢いでAが2階から降りてきた。



942 : 本当にあった怖い名無し 2012/06/13(水) 12:18:02.43 ID:vtfQqwxD0
Aは俺を見つけると、「てめぇ、ふざけんじゃねぇぞ!!どうやって入ってきやがった?!」とものすごい剣幕でまくし立ててきた。
親父さんのことを話すと、ブルブル震えだした。
「て、てめぇ・・・ふ、ふざけんじゃねぇぞ!!見たのか?オイ!!見たのかよ!?」
俺の襟首を掴む手は尋常じゃないくらい震え、息は荒く、目が明らかにおかしかった。

俺はAが何を言っているのか全くわからず、もう一度、家の前で親父さんが血を流していたこと、その親父さんに家へ招かれたことを話した。
俺の態度から俺が嘘を言っていないと判断したのか、Aは俺の襟首から手をはなした。
「・・・もういいよ。出てけよ。親父の話は誰にも話すなよ。話したらマジで殺すからな。」
そう言われて俺はAの家を出た。

何がなんだか訳がわからなかったが、変わってしまったAの自分に対する態度がとても悲しかった。
それから数日後、AとAの友達のBが逮捕された。
罪状はAの親父さんの殺害。



943 : 本当にあった怖い名無し 2012/06/13(水) 12:21:11.72 ID:vtfQqwxD0
AとBは1階の居間でAの親父さんをバット等で撲殺したという。
俺は驚いたが、もっと驚いたことがあった。
それは犯行日が俺がAの家へ行った日の前日だったということだ。
あの日、親父さんはすでに殺されていたのだ。

親父さんの姿を見たのは俺だけではなかった。
近所の人も犯行日後に家の前で親父さんの姿を見かけており、警察にもそのことを話したらしい。
あの日、部屋の隅で寝かされていたのは親父さんの死体だったのだろう。
もし俺がそれに気がついていたら、Aは俺をどうしていただろうか・・・。

犯行の動機は親父さんの暴力に耐えかねてということだった。
だが、本当の理由はそうではない。
ひと月ほど経ってからAとBの友達と話す機会があり、そこで真相を聞くことができた。



944 : 本当にあった怖い名無し 2012/06/13(水) 12:25:58.68 ID:vtfQqwxD0
AとBが親父さんを殺害した本当の理由・・・・・それは親父さんがAの彼女をレイプしたからだという。
中学生の息子の彼女をレイプする。
俺にはちょっと想像ができない。

新聞にはこのことは書かれていなかったが、AとBが彼女を気遣って言わなかったのか、警察が発表しなかったのか・・・。
当時はこの事件に関わる全てが恐ろしかったが、いま思い出すと全てが悲しい。
Aは今どうしているだろうか・・・





死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?296
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1338351077/
http://archive.2ch-ranking.net/occult/1338351077.html ←過去ログ置き場

スポンサーサイト


【京都祇園の神隠し】 天狗は身振り手振りで言葉を話せないことを伝えてきた

143 : 京都祇園の神隠し 1/6 2013/08/30(金) 07:53:36.15 ID:jzw24ttl0
もう10年以上前、京都祇園での神隠しの話

関東から京都に修学旅行に来た中学生が班行動中に行方不明になった
男2人、女3人の班で、いなくなったのはそのうち1人の女生徒だった
班ごとに一つずつ持たせていた携帯電話から担任に連絡が入り
午前11時ごろ、清水寺から祇園に向かっている途中ではぐれたという

教員と警察は一帯を手分けして捜して回ったがなかなか見つからない
これは迷子ではなく誘拐ではないか、全ての班を宿に戻らせようか
ならば京都にいる修学旅行生全員を、しかしそんな一大事は容易には……
と騒ぎがいよいよ大きくなってきた午後2時前
渡月橋を一人で歩いている所を巡回中の警察官に発見、保護された

女生徒は怪我もなく、学校と氏名をすらすらと述べたが
放心してその外は聞くに答えず、病院に運びこまれた
翌日、女生徒の語った所によると経緯は次のとおりであった



144 : 京都祇園の神隠し 2/6 2013/08/30(金) 07:54:18.58 ID:jzw24ttl0
建長寺(建仁寺の誤りと思われる)の山門を横に見て歩いていくと
ほどなく古い建物の並ぶ通り(花見小路と思われる)に出た
しばらく歩いていくと脇でガラガラと戸を開ける音がした
何気なく目をやると戸を開けた先に信楽焼の狸が立っていた
「見て、タヌキ」と向き直って他の生徒に声をかけると
「本当だ」「家にもあるぞ」と数秒足を止めて眺めていた

しかし狸で盛りあがるのも数秒のうち、すぐ飽きてまた歩こうとすると
班のメンバーは黙ったまま、じっと狸を見て動かない
おや、と思って再び狸のほうを見るが先ほどと何ら変わりない
「どうしたの?」と問うも、皆は黙ったままタヌキの方へ歩き出した

不審に思い「ねえどうしたの、どうしたの」としきりに問いかけるが
答えは来ず、班員はとうとう玄関先に至って狸を撫で始めた
そのとき妙に冷静になるというか、状況が理解できた気分になって
「みんな狸が好きなんだ」と今思えば訳の分からない納得をしていた



145 : 京都祇園の神隠し 3/6 2013/08/30(金) 07:55:23.28 ID:jzw24ttl0
しかし自分も一緒になって狸を撫でようという気はおこらず
むしろ遠巻きに眺めるにつれてタヌキが憎たらしく思えてきた
別に友人が狸に夢中になっていることが悔しいというわけではなく
何かを思い出したかのように狸への嫌悪感が沸きあがってきた

ドドンという太鼓の音で気がつくと、
自分は心の中で「狸は憎い、狸を殺そう」と延々と呟いていた
どれだけそうしていたかも分からなかったが
その太鼓の音で我に返ると、友人たちは両手を狸につけたまま
顔だけこちらに向けて無言で彼女を見つめていた


「それ狸だよ?なんで騙されるの?」と叫ぶと
むわっと生暖かい風 が吹き、狸の家の引き戸がピシャっと閉められた
急いで駆け寄るが足元の地面がぐにゃりと伸びていって
ランニングマシーンのようにいくら走っても進めない
生ぬるい風が運んできたコロッケを揚げたような匂いが充満してきた
左右を見渡すと人影もなく、怖くなって通りを走って逃げた



147 : 本当にあった怖い名無し 2013/08/30(金) 08:00:48.94 ID:jzw24ttl0
自分はまっすぐ走っていても、周りの景色や地面がグニャグニャと曲がり
意思とは関係なく脇道を何度も曲がりながら走っていった

何度か立ち止まったが、周りの景色はグニャグニャで恐ろしく
ドドンという太鼓の音が聞こえるとまた走らずにはいられなくなった

しばらくそれを繰り返すとグニャグニャだった景色が整いだして
落ち着くと田んぼの中のあぜ道を歩いていた
地元でも見たことのないくらい大きなトンボが沢山飛び回っていた
手にはすりこぎのような棒金属製の円盤を持っていて
円盤は装飾が為されたうえに紐がついていた
これは銅鑼に違いない思い、それを叩きながら歩いていった
とにかく人に見つけて欲しいし、万一熊が出るのも怖かった
銅鑼は一斗缶を叩いたときのようにガララン、ビシャーンと鳴った

そうして1時間ほど歩いただろうかという頃
ついに田んぼの脇の山から天狗の格好をした人が現れた
さすが京都、本物の山伏がいるのだと思い、助けを求めたところ
天狗は身振り手振りで言葉を話せないことを伝えてきたので
残念に思いつつも、無言の行という修行があると
以前マンガか何かで見たことがあったので、それだと思って納得した



148 : 京都祇園の神隠し 5/6 2013/08/30(金) 08:02:21.42 ID:jzw24ttl0
天狗に従って小川の土手に進むと握り飯を差し出してきたので食べた
食べ終わると今まで携えてきた銅鑼がなくなっているのに気づいたが
無言の行の最中であるのを思い出したので何も問わなかった
それまでの疲れがどっと出て、満腹感も相俟って眠くなってくると
天狗が自分を背負ってくれたので、そのまま寝入ってしまった

目が覚めると天狗の姿はなく、公園のベンチに座っていた
近くに橋が見え、人が多く歩いているのを見て安心したが
自分がいま迷子なのを思い出し、場所を尋ねると渡月橋という
渡月橋は午後のスケジュールに入っていたのを覚えており
このあたりにいれば誰かが見つけてくれるだろうか
あるいは交番を探すか電話を借りようかなどと思案していると
ちょうど警官が歩いてきたのが見えたので助けを求めた
それから後のことはよく覚えていないという



150 : 京都祇園の神隠し 6/6 2013/08/30(金) 08:07:04.28 ID:jzw24ttl0
同じ班の生徒によれば、女生徒は急にいなくなったのであり
コロッケの匂いなどに心当たりはないという
近くを歩いていた別の班の生徒や他の通行人も同様であった
警察の捜索でも怪しい山伏銅鑼は発見されなかった

山伏の中にはこの話を聞いて、何々様の祟りだとか
臨死体験により彼岸を見てきたのだとか言う者もいたが
医師によれば、女生徒の語った内容は誘拐のショックで
だいぶ歪められている
とのことで、それが尤もなことであろう
だが本当にこれは誘拐事件だったのだろうか
話を聞かせてくれた関係者はこれを神隠しといって憚らなかった

この未成年者略取の一件は既に時効が成立した
女生徒は現在20代で、地元の菓子メーカーに勤めている

すみません、一部sage忘れました。連投規制もあるのでこちらに書き足します。



151 : 本当にあった怖い名無し 2013/08/30(金) 09:32:17.20 ID:l0Lech6C0
京都祗園の金隠し




死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?315
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1379099993/
http://archive.2ch-ranking.net/occult/1376273448.html ←過去ログ置き場



【心霊スポットに棲む何か】 連中は建物から出てきて苑の奥のほうに向かって行った。 【少女苑】

751 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/30(水) 20:31:01.34 ID:xBj0Nino0
今はなき広島の有名心霊スポット少女苑でオレが10代のころ体験した話を。

少女苑ってのは使われなくなって廃墟になった女子刑務所の名前で
10年以上前は広島では有名な心霊スポットだった。
当時免許取り立てで車に乗るのが楽しくて仕方ない若者は夜な夜な心霊スポットをめぐるわけ。
己斐峠だとか魚切ダムだとか南原峡だとかいろいろ行った。
その中でもとりわけ少女苑は車から降りて廃屋の並ぶ広い敷地を回ることになるので雰囲気があった。

その日は結構大所帯だったんだよ。男3人女3人。
ツレのお父ちゃんのワンボックスカーに乗って、少女苑ではいじめ殺された女受刑者の霊がでるんだ、とか
作り話で女の子を怖がらせていた。

狭い道をすこし上がって苑につくとね、入り口前にもう車が停まってるんだよ。
セダンが1台。ここに車停めて他に行くとこなんてないから先客ありってことだ。
あーあ、雰囲気ねーなぁとか思いつつ、前に停めてる車が出られるように
あぜ道にまたがるように車を停めて苑に入った。
いつもは渡り廊下なんかと交差するメインの通りをまっすぐ行って奥で引き返してくるんだけど、
先客と鉢合わせたくなかったからちょっと脇道にそれて建物の裏を通る感じで回ろうってなったんだ。

裏っていっても裏道なんかがあるわけじゃないからちょっと山にはいる感じになったり、
建物に窓から侵入したりとこれはこれで新鮮だなぁと思ったんだけど女の子はちょっと引き気味になってた。
やっぱり通りを行こうかってことになって、その時入ってた建物から窓じゃなくて正面玄関から出ようとしてたんだよ。
そしたらそこでばったり先客と出くわしたんだ。
急だったから心臓飛び出しそうになったよ。6人全員悲鳴上げて、その後安堵の笑いがおこった。
相手は4, 5人だったかな、女の子が2人ほどいた気がする。
みんな「びっくりした~!」「びびらせんとってや~」なんて笑ってたんだけど、それがだんだんひいていく。
相手がまったくノーリアクションなんだよ。ウンともスンともいわず無言でオレたちとすれ違って
奥に向かって行くんだ。



752 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/30(水) 20:31:22.83 ID:xBj0Nino0
オレたちは外に出て固まってヒソヒソ話してた。
「何あれ?」「怖いんじゃけど」なんていいながらその建物からそいつらが出てくるの遠目に見てたんだよね。
連中は建物から出てきて苑の奥のほうに向かって行った。
しばらくの沈黙のあと、どうする?気味悪いからもう帰る?なんて話してた。
女の子が一人すごく怖がってイヤイヤ言ってたけど、怖がりに来てるわけだし奥までは行って帰ってこようって
話になったんだ。
結局それから奥まで行って入り口に引き返してくるまで連中とは出会わなかった。

会わんかったねー、なんて言いながら外に出ると連中が入り口前に停まってたセダンの周りにいるんだよ。
「うわ、もう外におるじゃんか。」
「帰るんかの・・・ていうか、あいつら何しよるん?」

4人がそれぞれ車のドアの前に立ってるんだけど、車に乗るそぶりも見せず、喋ってるわけでもなく、ただこっち見ながら突っ立ってる。
自分達の車に戻るのにそいつらの横を通ってかなきゃなんないんだけど、その間もずっとオレたちを見つめてるんだ。
ムカつく感じもしたけど、ガンつけられてるって感じでもないなぁと不穏な空気にプレッシャーを感じてたら、
それに耐え兼ねたように仲間の一人が「お前ら何見とんや!」と声を荒げた。
急だったんでみんなビクッとなったんだけど相手は全くひるむ様子もなくじっとオレらを見つめてる。
マジで気味が悪くなってもう行こ行こってそいつをなだめて車に乗り込んだ。
車出してからもそいつらずっとこっちを見てるんだよ。
みんな「何あれ~キモイ~」「ムカつくわー」とかブー垂れてた。



753 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/30(水) 20:32:59.33 ID:xBj0Nino0
西バイ飛ばしながらひとしきり気味悪いだのなんだの文句言い終えて、
でも一人可愛い娘おったよね?なんて話になった。
「お前よう見とるの。どれよ?」
「髪短い娘」
「そんなんおった?」
「おったよ。」
「趣味悪ー。」
運転手が「つーか女おったか?」と言って「それひどくない?」と笑いがおこった。
ちゃんと見てなかったなぁ、つーか女の子とおるんじゃけーそんな話すんなや、なんて思っていると話は変わり、
「つーかあいつらどうやって帰るん?
「どうやってって。車じゃろ。」
「あれに全員乗るんじゃ。」
トランクにも乗せるんじゃないん。」
え?何?どういうこと?
「いや、あれ1台じゃ乗らんじゃんか。」
「あれ5人乗りよねー?」
あれ?そんなに人数いたっけか?見落としてたかなぁと思ったんだけど、
4人じゃなかった?」
「いやいや7、8人おったじゃろ。」
「マジ?どこで?車んとこおった?」
「おったじゃんか!車の周り。
オレもそこで反論した。
「車の周り4人しか見てないで。車の周りってどこよ?」
「いや・・・車の周りよ。車の・・・。」



754 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/30(水) 20:33:10.11 ID:xBj0Nino0
話を合わせていた女の子にも振る。
見た?
「うん、うちも7, 8人ぐらいだと思ったけど・・・。あれ・・・?」
「うち・・・4人だと思っとった。」
「うちも4人しか見てないよ。ドアんとこに一人づつ。」
「そうよね。オレもそう。
車内が静まり返った。
「・・・いやいや、8人はおらんかったかもじゃけど、4人はないで。」
「いや、じゃけどこおったんよ。」
車の周りに・・・。
4人しかおらんかったって!」
ちょっと言い合いっぽくなったところに運転手が暗い口調で
「オレ・・・2人しか見てないわ。」

結局食い違いの答えが出なくて背筋の寒い思いをした。
それから女の子をみんな送って男3人になったんだけど、
やっぱ釈然としないってんでもう一度苑に行こうってことになったんだよ。
もう少女苑からは大分離れてたけど夜中のすいてる道を飛ばして苑に戻ったんだ。
時間も大分経ってたから正直もういないと思ってたんだけどね。
苑に続く道に入って苑の入り口が見えるようになる角を曲がった瞬間、運転手が急ブレーキを踏んだ。
「まだおるわ。」
「うそ・・マジ?」
見ると車の周りに何人か・・・4人いる。
「・・・4人じゃろ。」
誰も返事をしない。
「1、2、3・・4人・・よね?」
「お前・・・・・・どこ見よる?」
みんな黙ってしまった。
それより、こいつら一体何をしてるんだ?
急に恐ろしくなったのはオレだけじゃなかったようで、運転手はおもむろにバックを始めた。
みんな黙ってたよ。もうそれから何人だったかとか言わなかった。



755 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/30(水) 20:33:22.66 ID:xBj0Nino0
それから1年くらいたって別のツレと少女苑に行くことがあったんだ。
すっごく行きたくなかったんだけど、怖いなんて言ったらヘタレと思われそうで言えなかった。
苑の入り口が見えた瞬間それまでに感じたことのない悪寒を感じたよ。
あのときと同じ車が停まってるんだ。
最初は似てるだけかなと思ったけど近くで見てもやっぱりあのときの車なんだよ。
あのときから動かさずずっとそこにあるって感じで車はほこりだらけで周りの草もぼうぼうで。
すげー動悸がして、なんかえづいちゃったりしてね。
もしこれで連中にあったら心臓がマジで停まると思ったから、正直に言ってその日は苑に入らずに済んだんだ。

あれからしばらくして少女苑夜中に若者が来て騒がしいって地元の苦情で取り壊された。
その話を聞いたときはすごくほっとしたよ。
心の片隅にいつもひっかかってた。少女苑の前に車がある限り
いつかどこかで連中にバッタリ会うような気がしててね。

1997年前後で白い、少し型の古いカローラだったか。
あれがいつまであったのかなぁと気になる気もするけどやっぱり知らないでいいやって。



769 : 本当にあった怖い名無し 2011/12/01(木) 03:56:10.67 ID:qJ4cmic90
>>751
怖い!
再度戻っていって、奴らは変わらずそこに立ってるだけ、という構成が秀逸。
土地の描写や説明もリアリティあって良い。

怖い話ありがとう。乙。


799 : 本当にあった怖い名無し 2011/12/01(木) 15:28:54.26 ID:4XG53zVm0
>>755
おお。なかなか怖いね



死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?284
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1321377217/
http://archive.2ch-ranking.net/occult/1321377217.html ←過去ログ置き場



【罰当たり】 Aの顔の左頬に、 真っ赤な、真っ赤な手形が浮かび上がった。  【賽銭泥棒の罪】

271 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/22(火) 05:51:11.93 ID:bPpQCQbD0
お 書けた。だれも人いないだろうけど、怖い話かくわ

もう10年くらい前の話の実話。

高校卒業してフリーター1年目。
俺は問題起こしすぎて、同じ市内なのに両親が俺のためにアパート借りて、 
無理やり追い出されてた。
バカは群れるの法則で俺の周りもみんなフリーター。
いわゆるDQN。髪の色もピンク、金、青とみんなカラフル。
まあバンドマンが多かったせいもあるけどね。

んで、当時18才で免許取立てだったバカがやる行動なんて限られてる。
田舎だしね。
毎日酒飲んで車でナンパか心霊スポット巡りかカラオケ。
だけど、そんなに悪いかんじじゃなくて、人に迷惑かけることとか、
明らかな犯罪とかはしなかった。

でもその日は状況が違った。
その時俺は3人の仲間でつるんでたんだけど、(A,B,俺)
3人ともバイト先で女(人妻)に手だしたり店長殴ったり、
お客と喧嘩したりと問題起こして全員無職。
まさにクズの集団。
あ、俺だけは実家がまあまあ裕福だったから、
余裕があって、その日も銀行から下ろしたての仕送りの中から、千円をAに貸してた。



272 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/22(火) 05:51:35.63 ID:bPpQCQbD0
その日ってのが、すげー晴れて気持ちのいい8月の夜。
山間だから湿気もないし、風も殆どなくて、夜遊び日和だったのは覚えてる。

3人で心霊スポットで有名な車で30分くらいの寂れた神社いったのよ。
鳥居の前に車乗り付けて。
そこは毎晩夜中に丑の刻参りが行われてるとか、
気が狂った女がそこで誰の子か分からない子供を産み落として、その場で殺して食ったとか、
昔処刑場だったとか、
いろんなうわさがあり過ぎて、全部疑わしかったけど、
行ってみると謎の染みのついた鳥居とか、何十年も前から使ってるであろう賽銭箱とか、
ミイラにしか見えない木造のご神体(?)とか、雰囲気が怖すぎて、
うわさは全部ほんとじゃないかっておもえるみたいな場所だった。
そこに男三人、午前3時。

虫の声。鳥の声。木々のざわめき。闇。闇。闇。月夜に浮かぶ鳥居。
怖い。
怖いけど、まあ県内の心霊スポット行きまくった俺らは5分もしたら慣れて調子に乗り始めた。

っで、全体を散策してたんだけど、賽銭箱らへんを見てたAが言うのよ。
A「これ鍵壊せね?」

俺とBが賽銭箱の後ろ見てみたら、普通の引き出しっぽくなってて、
簡単な南京錠がついてただけなの。



273 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/22(火) 05:51:59.34 ID:bPpQCQbD0
100均で買ったような南京錠が5年くらい風雨にさらされた感じ。
普段はこういうところ来ても賽銭泥棒なんてしないけども、
その時は全員無職&貯金なしだから、やっちまおうかってかんじで3人で顔を見合わせた。

っで、酒の勢いもあって「やろうぜ」ってなって、
俺とBが賽銭箱の表(?)いつも見てる方のふちをつかんで、
Aは裏の南京錠だけをつかんで、「せーの!」で綱引き。
「ばき!」乾いた音がして俺とBは吹っ飛んだ。
見てみると鍵じゃなくて、止め金と賽銭箱の木の部分の繋がってる部分が割れていた。

っで、「いくらはいってるかな~?久しぶりに風俗行きてえなあ」なんてバカなこと言いながら、
3人で引き出し見てみると、くしゃくしゃの千円札一枚と小銭が5枚くらい。
A「これしかねえのかよ」
B「すくな!しょぼい神様だなおい」
俺「逆に千円入ってたのがすごいわ、だれが入れるんだ?こんなぼろいところに」
なんて言いながら、みんなで賽銭箱に唾を吐いたりしてた。
っで、Aが、
「まあしょうがねえわ。これで牛丼でも食おうぜ」
なんていって、そのお金を財布に入れた。

その時。
それまで風一つない夏の終わりのさわやかな雰囲気だったのに、
突然ごおおおってかんじの突風が吹いたんだ。
神社って周り林みたいになってるじゃん?
その木が全部「ばさばさばさあ!」ってゆれて、カラス?みたいなのが一斉に飛び立ったの。



274 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/22(火) 05:52:23.47 ID:bPpQCQbD0
3人ともビクっ!ってなって、お互いの顔を見合わせてたんだけど、
「もうめぼしいモンもないし、帰るか」って感じで、帰ることになった。

そこからおかしい。

まずエンジンが掛からない。
3分位してやっとかかったけど、掛かるまでの間車内の温度がおかしいの。

熱い。

それも全員熱い場所が違う。

A(運転席)は、左の頬がすげー熱い
B(助手席)は右の頬がすげー熱い。
俺(助手席の後ろの席)は右の頬と、前の座席の肩の部分に乗せてる
右手のひじから先
が熱かった。

最初は虫にでも食われたかな?って思ってたけど、
車で走り出してからその熱さがどんどんひどくなって、
しまいには痛くなってた
の。



275 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/22(火) 05:53:13.17 ID:bPpQCQbD0
っで、俺とBは、「痛い痛い」とか、「かゆい!」とか言ってたんだけど、
5分くらい走ったところで、俺とBの熱さが急に消えたの。

「?」って感じでおれとBは顔を見合わせて、「あれ?」
「気のせいだったかな?」
とかいってたけど、
その時突然Aが、

「痛いいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!!!!!」

って言い出して、俺とBが「どこが???」とか間抜けな声で聞きながらAを見たの。

そしたら、運転しててこっちをちらっとしか見れないAの顔の左頬に、
真っ赤な、真っ赤な手形が浮かび上がった。

思いっきりビンタすると、手形って残るじゃん?
あのひどい感じ。

俺とB、ドン引きしちゃって、「おま、それ、あうあうあ、、」
見たいなかんじで、狭い車内でなるべくAから離れる感じで震えちゃったんだ。

Aは運転してるから、
「痛いいい!てかお前ら、俺の顔の左側どうなってる??」
とか言いながら左目閉じて、右目で運転してた。

Bも俺も、なにも言えなくて、あわあわしてたら、
Aの左頬の手形の部分からから、血がにじみはじめた。
よく玉のような汗っていうけど、あの血バージョン。
マジホラー。
少し、小さい手  の 形 の 血 液



276 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/22(火) 05:53:25.91 ID:bPpQCQbD0
俺もBも、錯乱して、
「車、止めろ!!!!!!」

っていって減速しだしたと同時に、Bが飛び降りた。
パニックになった俺も、3秒位して時速10Kmくらいの車から、飛び降りた。足くじいた。
舗装されてない道だったから、まだよかった。

10メートルくらい走って、車は止まった。
ハンドルを握ったままAが振り向いた。

運転席にはAに絡みつくように、肩くらいの髪の40台くらいの女がいた。
女はAの顔の血の手形の形そのままに、Aの頬に手を添えていた。
女の視線の先はずううっとAだけだった。


Aは、泣きそうな表情のまま、こちらを向いたまま、
なぜか車を発進させた。



277 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/22(火) 05:53:43.07 ID:bPpQCQbD0
そのまま国道に出て、消えた。

俺とBはタクシーを拾ってファミレスに行き、何回もAの携帯にかけたが、
ずっと通話中で、繋がらなかった。

次の日、Aは150km先の隣県の高速道路で、中央分離帯にぶつかって死んでいたらしい。
俺らは葬式には呼ばれなかった。

後で、聞いた話だが、Aが死ぬ前に、弟に電話をかけていたらしい。



278 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/22(火) 05:53:58.40 ID:bPpQCQbD0
内容は支離滅裂だが、
「女がアクセルを踏む」
「なでられると血が出る」
「最初女は後部座席の真ん中に座って、身を乗り出していた。そのあと自分だけがつかまれた」


などといって、一方的に切れたらしい。


その後の警察の調査で、

Aの財布からは
ピン札の千円札しか出てこなかった。



279 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/22(火) 05:56:43.42 ID:bPpQCQbD0
以上です。書き込むのも初で、文才もないので見苦しいかと思いますが、ご容赦下さい。
身ばれ防止の為、オブラートにつつんでいますが、間違いなくすべて自分の経験した実話です。



280 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/22(火) 06:08:02.87 ID:tM50zvuV0
罰当たりなことするからだよ。
死ななくてよかったね。


281 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/22(火) 06:12:25.22 ID:bPpQCQbD0
>>280
マジでそう思います。
あの時自分の財布に盗んだお金を入れてたらと思うとぞっとします。



282 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/22(火) 06:46:38.41 ID:UKxqoor10
話自体はそこそこいいのにここまでDQN要素を書かれると感情移入しにくいw

いくつか聞きたいんだけど…
その後もBとは付き合いあるの?
葬式に呼ばれなかったってことは神社でしたことを遺族に話したの?
問題の神社に謝罪には行かなかったの?


286 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/22(火) 07:20:18.45 ID:/quWunn90
罰当たりなことしたね
死ねばよかったのに


288 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/22(火) 07:34:02.74 ID:V1vZ8DrM0
>>281
3人とも死ななかったのが残念だね


299 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/22(火) 11:56:36.68 ID:bPpQCQbD0
>>282

Bとは1年に一回くらい地元帰ったら飲むくらいです。

遺族には話してません。ただの飲酒運転で事故処理されたぽいです。
警察も来ましたが、本当の事は言わずに、
ただ3人で飲んでて、Aが一人で帰ったとBと口裏合わせました。
ただ、弟もDQNで、俺らと仲がいいグループにいたので、後日その話を聞きました。
俺もBも、ぞくっとしましたが、当時の事を口にするのもイヤだったので、曖昧に流した感じです。

神社には謝り行くどころか、3キロ以内に近づいてもないです…
というより今思うと、神主さんとかいるのか?てくらい寂れてましたね。



300 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/22(火) 12:28:59.45 ID:gnKCYvCC0
神の罰なのか、住みついていた霊のしわざなのか・・・





死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?284
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1321377217/
http://archive.2ch-ranking.net/occult/1321377217.html ←過去ログ置き場



【蛇神様】 私に好意を寄せた男性は須く不幸になる 【アルティメットさげまん】

177 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/20(日) 11:56:40.74 ID:Rg6UYPTUO
私のですまんけど。
階段20段を派手に転げ落ちるも無傷
トラックと事故ってチャリ大破で本人無傷
割れて飛んできたガラスで首切るも動脈から5cmズレていたため軽傷
ポットを落とし熱湯をかぶるも軽傷、庇った母さん大火傷
包丁落としたら足の指と指の隙間に突き刺さり無傷
などなど、怪我という怪我を回避して生きて来ました。
婆ちゃんには散々神様が憑いてるといわれてはいたが
爺ちゃんの葬式でお坊さんに白蛇の神様が憑いてると言われた。
ガキの頃拾ったが5年ほどで姿を消した蛇が神格を得て私の守神になったらしい。
自分には蛇神様が憑いてるとかシャレにならない。



178 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/20(日) 12:45:41.60 ID:W8y1o1MY0
>>177
うらやましい。
別に害はないんだろ?


179 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/20(日) 13:48:50.19 ID:hyiu+m8i0
俺を拾ってくれた者は神格を得て守り神になるかも


181 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/20(日) 14:20:10.89 ID:ma19t7ee0
>>179
やだよ


182 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/20(日) 15:23:10.93 ID:dbakqDKv0
>>177
人生半分終了レベルの危機をそんだけ回避してるとか。
クリスマスにテロリストが占拠した超高層ビルに偶然居合わせても、
泣き言言いつつも結果的に全員倒しちゃうんじゃね?


184 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/20(日) 16:06:41.65 ID:Rg6UYPTUO
>>177ですが補足レスで
>>178
実害というか蛇神様に憑かれてる為か男運は最悪です。
私に好意を寄せた男性は須く不幸になるというオマケ付き。
蛇神様って男性なんでしょうか……

>>182
そんな漫画みたいなシチュには遭遇してないから解りません
でもなんとかなりそうだな、とは思う。
夜道で襲われた時は蹴り上げた足がキャンタマに大当たりし
振り上げた腕が顎にクリーンヒットして暴漢が昏倒、
という
奇跡を起こした事ならあります。
あと事故を数十秒単位で回避したり困った時には必ず助けがあったりと。



185 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/20(日) 16:24:39.24 ID:uyIdf3KA0
>>184
危機に遭遇する頻度ww多すぎwww


186 : 177 2011/11/20(日) 16:49:40.38 ID:Rg6UYPTUO
>>185
ですよね、霊能者の方が言うには私の事を蛇神様が気に入ってるので
そういうタチの悪い霊が私に寄ってきた影響だそうです
でも子供の頃からこうなんでこれが普通だって感じです。
霊は浄化というか食っちゃうみたいなんで私には実質的に無害です。
神憑きなもんで宗教団体からよく御神体として迎えたいとか大金添えた危ない相談が来るくらいかなw



187 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/20(日) 17:32:37.74 ID:IgFNeb4b0
金儲けしちゃいなよ!
蛇神様が守ってくれるよ!


188 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/20(日) 18:01:39.55 ID:owFJ34QR0
>>184
近寄ってきた男の守護霊とかも喰ってたりして。


189 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/20(日) 18:03:47.93 ID:rI/R89ve0
>>187
いや、逆に金儲けはNGだろう
邪念で神様が悪魔に早変わりだぜ


190 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/20(日) 18:24:40.01 ID:6hjh04ru0
洒落コワ的に解釈してみると。。。

>>177に憑いている蛇神は>>177の体を巣として利用している。
いつも危険を避けられるのは、もちろん蛇が自分の巣を守るため。
と同時に周りの邪霊を呼び寄せて捕食するためでもあり、>>177はいわば生きた蜘蛛の巣となっている。
蛇神の住みかは>>177の子宮の中なので、>>177が他の男と交わり子を宿してしまうと自分が
追い出されてしまうため、>>177に近づいてくる男の霊体や守護霊にも危害を加え、時には丸呑みに
してしまう。よって、男は総じて不幸な状態に陥る。



なんちって


191 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/20(日) 18:46:46.57 ID:K7DjYkhD0
>>186
古びた神社でスク水でお払いをするんだ


192 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/20(日) 18:55:01.22 ID:K+y/8sIjO
>>191
ちょwwややこしくすんなよww


193 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/20(日) 19:03:04.10 ID:6hjh04ru0
こんな感じかw 想像するとちょっと笑えるんだがwww

>>177の守護霊はとっくの昔に蛇神に喰われて消滅。

①一見守護霊のいない>>177

②それを見かけた邪霊、コイツはカモかもwと>>177に近寄る

③>>177に災難、危機迫る

④そのとき突如、>>177の子宮から蛇出現。邪霊ビックリする。

蛇神、大口を開けて邪霊を丸呑み。満腹して>>177の子宮に引っ込む。

①に戻る


194 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/20(日) 19:43:24.58 ID:8odoJA/J0
>>184
でも蛇神様は寿命伸ばしてくれてるのかもよ?
ホントなら最初の時点で死んでたのに、今まで生きてこれたとか。
お払いして死んだら洒落になんない。


199 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/20(日) 21:50:12.74 ID:tSzPhKPc0
>>177 5年蛇を飼ってたのですか?


202 : 177 2011/11/20(日) 22:31:34.96 ID:Rg6UYPTUO
なんか凄い人物になってるな私w
あ、でもあながち間違いでもないかな。
確かに蛇神様が私を宿主としてるのかもしれないですが
私に害為すモノを片っ端から喰って下さってるし持ちつ持たれつみたいな。
実際に地元では出ると有名な場所に住む友人宅にお邪魔して以来
友人宅では心霊現象が一切起こらなくなった
という実績までありますから、ガチでしょうね。

霊能者の方が言うには私に巻きついて威嚇してる様に
見えたらしいので体内にいるわけではないかな。
まあ普段は体内にいるのかもですが。
実質今の私は蛇神様に護られてるようなものだから
御祓いしたら死ぬかもしれないですし。

蛇は飼っていたというか縁の下に住み着いた感じです。
5年くらいで姿を消し、それから15年ほどして
蛇神様になって私に憑いていたと発覚した次第です。
恩返しなんでしょうかね。



206 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/20(日) 23:23:03.82 ID:BpLj/+jJ0
蛇だけにヘビーな話だな


207 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/20(日) 23:31:59.99 ID:8YK4ktKH0
>>202
でもものすごいさげまんになってるんだよね?


209 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/20(日) 23:50:42.66 ID:uVmUbPDt0
>>182
ブルース・ウィリス乙


212 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/21(月) 00:29:35.49 ID:If58dOig0
確率的にはすごいんだけど社会的影響が小さいのが面白い。
漫画「ラッキーマン」の変身前後がごっちゃになったような人物だな。


214 : 177 2011/11/21(月) 01:55:16.72 ID:2ox1eOFmO
ID変わっちゃったかな。
蛇神憑きの>>177です

>>207
ですね。近寄る男性は須く不幸になりますから
これ以上ないレベルのアルティメットさげまんです。
恋愛は諦めてますから別に困りはしませんが。

>>212
私の事かな?
基本的に『私に危害を加えなければ』無害なんですよ
私に危害を加えようとすると、不幸になるみたいで。
逆ラッキーマンといえばそうなのかも。
一応良い方の神様みたいなので無闇矢鱈に危害は加えないんだそうです
宿主である私とは意志の疎通が出来ないんですけどね。



215 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/21(月) 02:20:06.73 ID:AxoXmt2N0
>>214
ちゃんと幸せになれるように、逢うべき人との縁以外は断ち切ってくれてるんじゃないかな?


224 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/21(月) 08:20:44.49 ID:2TQ+19MQ0
前に死神のような姿の守護霊つけてる人はいたよね

やはり近寄ってくる霊を圧倒的な力で蹴散らしてたけど

白蛇VS 死神見てみたい!!


226 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/21(月) 10:56:23.22 ID:OCoFYZIJ0
白蛇「餌が太るまで他人に取られてなるものか!!」


227 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/21(月) 12:01:14.91 ID:FnY/Cyx/0
そうやって宿主に不安感や不快感を与えるようなレスしてると、危害を加えようとしてると判断されるかも知れないぞ。


235 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/21(月) 17:29:12.10 ID:mAcd/XRs0
霊的ではなく蛇が心理的に何の象意なのかを考えれば自ずと答えは出る
その蛇のやってることとも合致する


241 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/21(月) 18:20:11.24 ID:V6FcxUWM0
>>235
だ、ダンカン・・・


242 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/21(月) 18:37:26.09 ID:OGlhkHEy0
>>241蛇は西洋旺盛と昔から相場は決まってる
今昔物語で、道ばたで小便していたら蛇に魅入られてしまい
金縛りになっているところを助けられたなんて言う話が載ってるし
物語ではあるが、蛇女に魅入られてしまった男の話「蛇性の淫」は
上田秋成の代表作の雨月物語に入ってる。


244 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/21(月) 18:53:35.92 ID:y/2tlTPF0
>>242
心理学的には蛇は男性のシンボルだ、みたいな話もあるね


246 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/21(月) 19:02:07.25 ID:OGlhkHEy0
>>244
心理学的以外にも、宗教などで蛇が男根の象徴として扱われることが多いですね


247 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/21(月) 19:24:44.84 ID:mAcd/XRs0
蛇=リンガム
本人の精神的な原因もあるだろうけど、オカルト的に考えると男の生霊とかも考えられそうなところ


248 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/21(月) 19:52:42.15 ID:VPYHQZdF0
自分では一言もそんなこと言ってないのに、いつのまにか膣から蛇を出し入れする
女にされている177w


249 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/21(月) 20:05:34.03 ID:V4brXtfW0
そもそも自分が女性とも言ってないのに。
>男運は最悪です。私に好意を寄せた男性は…
これが男だったらどうしよう、と不安だったんだぜ。

>>214 でさげまんって言ったから一安心


250 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/21(月) 20:06:02.63 ID:XmZ+A8ec0
177ってVipperなんじゃな


251 : 本当にあった怖い名無し [sage] 2011/11/21(月) 20:17:01.10 ID:H/JoS+5t0
viper
音節vi・per 発音記号/vάɪpɚ|‐pə/音声を聞く
【名詞】【可算名詞】
1a【動物, 動物学】 クサリヘビ 《毒蛇》.
b毒ヘビ 《ハブ・マムシ・ガラガラヘビなど》.
2意地の悪い[腹黒い]人.

可算名詞としての「viper」のイディオムやフレーズ
a víper in a person's bósom
[ラテン語「子を産むもの」の意; viper は卵を産まないと信じられていたことから]


すげぇや



死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?284
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1321377217/
http://archive.2ch-ranking.net/occult/1321377217.html ←過去ログ置き場



【海の中の人工物】 その前に高さ1mくらいの石製のかめが4つあった。

44 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/16(水) 22:58:32.60 ID:M8Y02lYQ0
沖縄の本島に1週間ほどダチと二人で遊びに行ったときの話。
その日は北のほうでボートを借りて釣りをしてたんだが、午前中一杯でそれに飽きて
道具も持ってきてたんでダイビングをしようってことになった。
それで浜から300mほど沖の40畳くらいの小島というか小岩のところでボートをとめて潜った。
珊瑚より海藻の多い場所で魚は少なかった。
島のまわりを巡るのはあっという間だったが、
沖に面した島の根っこの水深4mくらいのところが大きく内側にえぐれているのを見つけた。
洞窟とは違っていつでも出てこれるような場所だったんでダチといっしょに入ってみたが、
中は意外に広かった。幅の広い階段状の岩が四段ほどあって明らかに人工物だった。
奥行き3mくらいのそのくぼみの中も魚は少なくて、中がなんとか見えるくらいの明るさだった。
そして最奥が垂直の壁になっていて、その前に高さ1mくらいの石製のかめ4つあった。
俺は遺跡だと思ってダチに合図して近寄ってみると、
かめは4つとも同じような作りでどれも40cm四方くらいの石製の四角いフタがのせてある。



45 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/16(水) 23:00:25.97 ID:M8Y02lYQ0
それで近寄って二人で一番左端のつぼのフタを持ってずらしてみたら、
いきなりつぼの中から深い紺色の煙状のにごりがすごい勢いでぶわーっと出てきて、
オレらはやばい物かもしれないと思ってそのくぼみから出て離れてどうなるか見ていたら、
その紺色のにごりは水中で縦長にまとまってどんどん人の形のようになっていく。
20秒くらいで高さ1・5mくらいの直立した人の形になってオレはだと思った。
といっても形だけで表面は紺色のにごりのままなんだが。
それが両手を前に伸ばす形でくぼみから出てこようとしている。
それを見るとオレはすごい胸苦しい気持ちに襲われて水を蹴って離れようとした。
そこで下を振り返ってみるとダチがそのにごりに魅入られたようになって動かず、
30cmくらいのところまで近づかれている。
それでもう一度潜ってダチのワキの下に手を入れて一緒に浮上した。
島には上がりにくい場所だったんで泳いでボートまで戻った。



46 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/16(水) 23:02:13.57 ID:M8Y02lYQ0
ボートでダチにあれは何だったんだろうなと言ってみたがなんだか上の空で返事もしない。
表情が暗く言葉少なに考え込んでいる様子で、
次の日もそうだったんでオレはあきれてダチを残して一人で大阪に帰った。
その2日後ダチが死んだという連絡がダチの両親から入った。
その小島のある浜に死体が打ち上げられたそうで、
外傷はなく溺死なんだが下半身が紺色に染まっていたそうだ。



50 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/17(木) 01:28:13.62 ID:oWLWtx4X0
>>46

怖い、後日談あっあらお願いします。




死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?284
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1321377217/
http://archive.2ch-ranking.net/occult/1321377217.html ←過去ログ置き場


【迷い込んだ違う?世界】 この日、エレベーターに乗るときに妙な音がしたのは覚えてる。

37 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/16(水) 22:14:53.90 ID:ATf31TjM0
一週間前に起きた話なんだが、誰も信じてくれないし信じるわけないよなあと自分でも思う
けど、とりあえず書きます。マジで自分に起きたことです。

夜21時くらいに仕事から自宅マンションに帰ってた。
自分の部屋は十階建てマンションの六階で、いつもエレベーターでいく。
この日、エレベーターに乗るときに妙な音がしたのは覚えてる。
何かひゅんひゅんしたような?何か飛んでるような音。
で、普通にエレベーターに乗って、六階に着いた。

家には両親がいたからそのまま扉を開いた。その瞬間に唖然とした。
自分の家じゃなかった。そりゃあもう焦った。間違って人の家入っちゃったと思った。
家の玄関先とは全く違って、あわあわして扉を閉めて、表札確認したんだが、
そこは603号室、自分の部屋の番号で間違いなかったんだ。

え?え?と思って何回確認してもやっぱり603号室だし、六階で間違いなかった。
そこでやっと気づいたんだが、六階からの景色がいつも見てた景色と全く違った。
何が違うっていうと具体的には、家の周りは駅前で別にそこまで栄えてるほうではないんだが、
何か高いビルがいくつかあって、都会っぽくなっていた。
もう本当にわけがわからなくてすごく怖くなった。
とにかくひたすら不安で怖くなって、とりあえず両親に電話しようと思った。



38 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/16(水) 22:15:15.85 ID:ATf31TjM0
その時、エレベーターが開いて、人が降りてきた。
そしたら、降りてきた人が自分を見るなり、みるみる顔が青ざめていって、
「は、わわわわ…!!!」
とか言いながら腰抜かしたみたいに自分の部屋に駆け込んでいった。

その行動のことなんて考えられないくらいにもうとにかくその時は自分はパニック状態だったから、
仕事先が自宅から五分くらいだから仕事先に行こうとか思って、またエレベーターに乗ったんだ。

で、エレベーターを降りてちょっと走っていたら落ち着いてきて、
そこでやっと両親に電話した。
そうしたら普通に電話に出て、ずっと自宅にいたとのこと。

恐る恐る自宅に戻ってみると、そこはいつも見る玄関先。自分の家だった。


このことを誰も信じてくれないのだが、本当に体験した話なんだ。
オチとか無いんだが、本当に本当に自分は洒落にならんぐらい怖かった。
まるで違う世界にいっちゃったみたいで。



39 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/16(水) 22:17:00.34 ID:XwRXimDp0
それは矛盾螺旋だよ


40 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/16(水) 22:32:55.64 ID:e55s0vp20
>>38
エレベーターから降りて来て
君の顔みて青ざめた奴は一体何を
見たんだろうな…Σ(゚д゚lll)


41 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/16(水) 22:33:41.46 ID:c8g7v4PEO
DDDのパクリか


43 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/16(水) 22:46:52.83 ID:ATf31TjM0
>>39
ググったらアニメとか出てきたんだが、アニメでこういう話があったのかな?

>>40
わからない…自分を見てたとは思うんだが、
自分が普通じゃなく見えたのかなあ…



47 : 本当にあった怖い名無し 2011/11/16(水) 23:12:49.42 ID:U4a0AyQJ0
>>38
パラレルワールドかな。逃げたやつらにはこっちが半透明に見えてたとか。




死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?284
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1321377217/
http://archive.2ch-ranking.net/occult/1321377217.html ←過去ログ置き場



【刑務所から届いた不気味な手紙】 ○○○は、もう3年も家に戻っておらず捜索願を出しているのです。 

697 : 本当にあった怖い名無し : 2010/03/16(火) 09:10:26 ID:sIMI8QeB0
長くてゴメン
去年の暮れ、会社に1通の手紙が着た。
編集プロダクションに勤めている俺への、名指しの手紙だった。
中を読むと自分のエッセイを読んで添削して欲しい事、そして執筆指導をして欲しい事の2点が主な内容だった。

奥付(本の最後の出版社や発行者、編集者などの名前が載ってる部分)で名前でも見たんだろうかと
思いながらも、初めての事態に少々不信感を抱きながら返信。
持ち込んでくれれば読むが、その後も個別に指導を続けるのは無理である事をしたためた。

その翌日、宅配便の担当者から宛先に該当する人がいないとの電話を受けた。
その言い回しに若干違和感を覚え、詳しく聞いてみると、その宛先は北関東にある刑務所だった。
同封されていた返信用封筒に記されていた住所をそのまま書いたのだが、意外な展開に戸惑い
差出人の名前で検索すると傷害事件で逮捕された男の名前だった。

収容された場所がそこであることは、ネットで調べた限り確かな様だったが、既に出所している
人物だった
ため、誰かの嫌がらせの線をまず疑った。



698 : 本当にあった怖い名無し : 2010/03/16(火) 09:31:04 ID:sIMI8QeB0
改めて封筒を見てみると、2つの事に気がついた。
・封筒に書かれていた差出人の住所と、返信用封筒に書かれていたそれが違う場所である事。
・封筒と便箋に使われていたペンが別物である事(筆跡は見た限りでは同一の様)。


2つ目の意図・意味は上手く推測できず、とりあえず誰かにからかわれたような気になり、よせば
いいのに封筒の方の住所へ、改めて返信をする事にした。
正直怒りの気持ちもあったが、恐怖もあったため、そういう気持ちは表さず、形式通りのビジネスレター
的な書き方にした。

その4,5日後返信が届いた。封筒の裏を見ると前回と同じ住所。あの受刑者と同じ名前で届いた
事に少々怯えつつ封を開き、次の文を見て血の気が引いた。
「○○○は、もう3年も家に戻っておらず捜索願を出しているのです。もし居場所をご存知なら
お願いですから教えて頂けませんでしょうか。」


ネットで見た限りでは、言い渡された刑期と確定判決の出た時期から考えて、出所は去年の夏辺り
のはずだった。特赦・恩赦・仮釈があったにしても3年前は早すぎる。



699 : 本当にあった怖い名無し : 2010/03/16(火) 09:41:31 ID:sIMI8QeB0
3年間服役していて家にいないのであれば、それを捜索願出す訳も無いし、もし仮に親が知らない
うちに息子が服役してたにしても、その捜索願を受けた警察側で彼の現状は分かるはずだと思った。

同姓同名の別人なのか?それとも他の理由があるのか?

ここで終わらせたい気持ちと真相を知りたい気持ちに揺れて、俺は手紙に書かれていた電話番号
にかけてみる事にした。固定電話で市外局番を見る限り、送り元の住所と一致していたし、恐らく
母親だと思われる書き手の文は、嘘には思えなかった。
聞きたい事は大きく3つ。
・息子さんは過去に傷害事件(実際は併合罪であったが詳細は省く)で服役していたのか
・もしそうなら出所はいつだったか、また3年より前の足跡は把握しているのか
・彼は文筆活動を志している人間だったのか

いきなり不躾な質問揃いだったが、こっちも片足突っ込んでるので知りたい気持ちが強かった。

予想通り年配の女性の声が聞こえ、そして質問をぶつけてみた。



700 : 本当にあった怖い名無し : 2010/03/16(火) 09:53:17 ID:sIMI8QeB0
○○○は大人しい子でそんな暴力沙汰なんて考えられません・・・。
3年前と言いましたが・・・・いなくなったのに気づいたのが3年前なんです。
ずっと家に篭りっきりの○○○が、部屋の前に運んだ食事に手をつけなくなり、そういうことは・・・
時々はあったのですが・・・それが続いて思い切って部屋を覗いてみたらいなくなってて・・・。
学生時代の連絡網、全員に電話してみたんですけど、誰も知らないって・・・
頭のいい子ですから作文は好きでしたし成績も良かったので小説は・・・部屋の中を見なかったので
分かりませんが・・・いなくなって・・・
やっと○○○のお友達から手紙が着たと思ってお返事しましたのに、暴力事件だなんて酷すぎます!


もちろん、こちらの経緯と、お聞きしにくい事ですが止むを得ずと言う旨は伝えたのだが、徐々に
声が上ずってきていた。
非礼を詫び、私も真相が知りたいのですと食い下がり、手紙が本人の物であるかどうか見てもらう
話をつけた。


その住所は都内だったため、その週の土曜に俺はすぐにそこを訪れた。
声のヒステリックさとはイメージの違う、意外と普通の40後半ぐらいの女性がドアを開けてくれた。



701 : 本当にあった怖い名無し : 2010/03/16(火) 10:02:56 ID:sIMI8QeB0
応接室に通され、そこで手紙を見せる。
「○○○の文字です・・・。でも返信用封筒が刑務所の住所だなんて・・・私にも分かりません・・・。
でもあの子はおとなしい子ですからその人とは違うんです・・・。」

その後続いた会話での彼女の弁を信じるのなら、○○○とは高校卒業後引きこもるようになり
大人しく優しく、でも人を怖がって、彼女ですら部屋には入れたがらなかったという人らしかった。
20後半の年齢は、ネットで調べた受刑者の物と一致していたが、それには触れられなかった。

「マスコミの方なら○○○の居場所を調べられるんじゃないんですか??お願いします。もう一度
会わせて謝らせて下さい、お願いします。」

急に目をむいてそう言いはじめた彼女に、自分には一般人ができる事しかできない事を前置きした上で
分かった事があったら連絡致しますと伝えた。

「○○○さんの部屋、もしよろしければ見せて頂けませんでしょうか?」
恐る恐る聞いてみた。彼の記した別の文章があれば、自分で筆跡を照らし合わせる事もできるし
何かしらのヒントがあるかもしれないと思ったからだ。



702 : 本当にあった怖い名無し : 2010/03/16(火) 10:11:17 ID:sIMI8QeB0
一瞬躊躇いの表情を浮かべはしたが、「はい・・・そうですね・・・でも○○○には内密にお願いします」
そういって彼女は2階へと俺を促した。

確か3部屋あった2階は、どの部屋もドアが閉められていて、廊下は薄暗かった。
一番奥の部屋へと通された。古い箪笥と押入れがあるだけの部屋だった。
何も無いじゃないか。引きこもりと聞いて想像していたPCや本で埋もれた部屋とはあまりに違い思わず
尋ねた。
「ここが○○○さんのお部屋なんですか?」

「いえ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あの・・・・・こちらが・・・・」
彼女が指差したのは押入れ。その時点で体が震え出したが、その後ふすまを開け声が出そうになった。
彼の部屋は押入れでもなかった。押入れの中には、宗派は分からないが恐らく仏教系のお札があちこち
に貼ってあった。血の気が引く思いで彼女の一歩後ろからそれを眺めていると、彼女が言った。
「この・・・天井裏が・・・○○○が好きだった部屋なんです」



704 : 本当にあった怖い名無し : 2010/03/16(火) 10:23:07 ID:sIMI8QeB0
彼女は、懐中電灯で押入れの天井を照らすと天板の1枚を押し上げた。
その板だけ、張り付いたお札が切れていた。

「どうぞ・・・・」
覗く様に促される。俺は逃げ出したかった。でも、既に理解不能な状態と、展開に頭が
ついていけてなく、今思うと朦朧としたような形で押入れに入り、その天井の穴に顔を入れた。
人が住んでいたのだから当然なのだろうが、天井裏のスペースにも小窓がついていることに驚いた。
薄暗い。けど見える。

後ろで何かが動いた気配がした。慌てて振り返ったが、何もおらず彼女は押入れの外にいる。
霊感などは全く無い自分だから、恐怖から来る幻覚だったのだと思ったが、それでも震えは強くなった。

何かに押されるようにして完全に「部屋」に上がり、見渡してみた。
小学校の教科書、テディベア、外国製らしい女の子の人形、漫画が何シリーズか、その辺りが
置かれていたのは覚えている。



705 : 本当にあった怖い名無し : 2010/03/16(火) 10:34:58 ID:sIMI8QeB0
机や椅子の類はなく、収納家具もなく、ただ床に物が置かれているだけ。
求めていた彼の直筆の物は無いようだった。
急な頭痛吐き気があった。
とにかくここは何かおかしい、彼女も普通では無い。正直、後ろから彼女が奇声をあげて襲ってくる
のではないかと言う妄想すら頭を過ぎったし、「部屋」にいることに限界を感じた。

お礼を言って、天板を戻す時に手が滑り、板が斜めにハマった。それまで気づかなかった板の
上側
が目に入った。木目ではなかったと思う。爪?彫刻刀にしては浅く線も歪んだ彫り・・・
引っかき傷のようなものが見えた。
少量の嘔吐物が口まで上ってきて、それを無理やり飲み込んだ。

「今日はありがとうございました。」
本来なら「何か分かりましたらお伝えします」と繋げるべき挨拶も、繋げる気がしなくなっていた。

1階も、今思えば応接間以外のドアは閉ざされていたし、その応接間も恐らく元々2部屋だったのものを
リフォームで1部屋にしたような広さだったが、中央にアコーディオンカーテンが引かれていて
半分は見えなかった。



706 : 本当にあった怖い名無し : 2010/03/16(火) 10:44:59 ID:sIMI8QeB0
その日は、そのまま帰り酒を煽って寝た。

何一つ解決していないし、気になる事もあの家にまだあるけど、もう行く気がしない。
去年の12月にあったこの事が今でも怖い。

彼女からは1月に1通だけ手紙が着た。
年始の挨拶ではなく、もう一度来て今後のお話をしませんかと言う内容と、○○○さんが
中3の頃にイジメにあい、それでも元旦に親戚で集まった時に皆と話して元気になって
卒業、進学できた事から1月は好きな月なのです
というエピソードが添えられていた。

嘘ではあるが、転勤の可能性をほのめかして、今後余り力になれない事をお詫びする文面
で返事を出し、それ以来は何も無い。

訪問した際に渡した名刺が非常に悔やまれるし、その辺で歩く時も必要以上に周囲を気にしてしまう。
名前を出す仕事をしてる人は、本当に気をつけて下さい。
真相がはっきりしないままの長文にお付き合い頂きありがとう。



707 : 本当にあった怖い名無し : 2010/03/16(火) 11:15:14 ID:khbHHFLn0
不思議な体験でしたね。そして不気味。
捜索願は出していないのかしら。

読み易くてよかったです。


708 : 本当にあった怖い名無し : 2010/03/16(火) 11:27:52 ID:vsO/o+0o0
読ませられたわ


709 : 本当にあった怖い名無し : 2010/03/16(火) 11:30:07 ID:vsO/o+0o0
もちろんいい意味でです、すみません。


710 : 本当にあった怖い名無し : 2010/03/16(火) 13:08:27 ID:sIMI8QeB0
>>707
捜索願は○○○さんのお母さん(文中の「彼女」)が出しているみたいです
警察に確認に行った訳ではないので本当に受理されているのかどうかまでは断定できない所です

>>708
ありがと
誤変換が何箇所かあるけど、その辺は脳内変換してください



711 : 本当にあった怖い名無し : 2010/03/16(火) 18:58:17 ID:uJFJkwoK0
不気味すぐる……身辺には気をつけてくだしあ


712 : 本当にあった怖い名無し : 2010/03/16(火) 20:41:33 ID:KXCaEfv10
編集の人だけに
文章が上手いから引き込まれたよ
不気味で面白かった


713 : 本当にあった怖い名無し : 2010/03/16(火) 21:02:52 ID:x3FguXSgO
>>706
こえぇ。乙です。
呪怨を見て以来、押し入れ恐怖症の私にはかなりの話でした。


714 : 本当にあった怖い名無し : 2010/03/16(火) 21:17:27 ID:R057e2qx0
展開があれば聞きたいところだけど、リアルの話だったら、そういうこともないだろうしなあ・・・


715 : 本当にあった怖い名無し : 2010/03/16(火) 22:43:58 ID:OXF6zirC0
何も解決してないが、不気味さだけ残るいい話だ
gj


716 : 本当にあった怖い名無し : 2010/03/17(水) 00:53:21 ID:OTeF1W6Y0
文章の書き方が上手いから余計に不気味さが増した。


717 : 本当にあった怖い名無し : 2010/03/17(水) 13:01:30 ID:xh5bNQAB0
確かに凄く文才があるよね。
編集とかやっている人ってみんなこうなのかな?


718 : 本当にあった怖い名無し : 2010/03/17(水) 13:10:03 ID:wgn0HKDF0
彼の部屋で手記がみつかる。それを読むと・・・
 彼がたびたび夜抜け出して、ある集会に参加していたことが綴られている。
 そして3年前の出来事が・・・

そうなったら、クトゥルー神話だ。


723 : 本当にあった怖い名無し : 2010/03/18(木) 05:04:52 ID:9589Ond+0
>>697
文章も上手い上に小説の導入部の様な謎を呼ぶ展開で
「ここ実話スレだよな?」と確認してしまった。良かったです。


945 : 本当にあった怖い名無し : 2010/06/18(金) 23:10:39 ID:43ahB9t/0
>>697
の人のその後が気になる
無事だといいけど


982 : 本当にあった怖い名無し : 2010/06/28(月) 14:15:02 ID:sFD7fbHn0
>>697
編集プロダクションの人、見てたら教えて下さい。

受刑者と息子さんが同一人物だったのか?とか、
>697さんに手紙を出したのは誰だったのか?ってところが気になります。
本人か、お母さんか、本人の関係者ですよね、きっと。

双方の写真は見ようと思えば見ることが、もしくは入手出来たと思うし、
お母さんから写真をもらって、刑務所の人に同一人物か聞くか、
もしくは、逮捕されたなら新聞に写真が載った可能性があると思うので
公開された写真をお母さんに見てもらうとか出来たと思います。

仕事柄、刑務所に行って話を聞いたりとか、いろいろ追えば分かったかとも思うのですが、
でも、一切関わりたくない程、部屋がどれだけ異様だったかが伝わってきて怖かったです。

また、お母さんが、返信時に息子さんの名前で返信した点も不自然で
お母さんの不気味さも怖いです。



983 : 本当にあった怖い名無し : 2010/06/28(月) 14:17:14 ID:sFD7fbHn0
>>697
質問なんですけど、

>会社に1通の手紙が着た。

手紙ってことは封書で届いたんですよね?
郵便局の消印は都内、刑務所、どっちだったんですか。

>その翌日、宅配便の担当者から

返信は宅配便ってことは、エッセイも同封されていたのですか?
同封されていた返信用封筒は使ったけど、切手が貼ってなかった為、宅配便にしたんですか?

届いたのは、封筒に手紙と返信用封筒が入っていた。
・封筒の差出人は、都内の民家の住所
・返信用封筒の住所は、刑務所の住所。刑務所名の記載なし

ここで2つの住所が登場するのが、わざとっぽいです。
気づかされるようになってたんですね。

>その捜索願を受けた警察側で彼の現状は分かるはずだと思った。

逮捕されたのはいつだったんですか?

3年前から捜索願ってことは2006年。出所は2008年夏あたりなんですよね。
自分もお母さんの捜索願はあやしいと思うのですが、捜索願が出た時点で逮捕されていたなら、
警察も分かるはずですよね。

なぜ>697さんだったのかとか、本当に不気味な話で、これでノンフィク恐怖小説が書けそうじゃないですか。
書かないですけどw



984 : 本当にあった怖い名無し : 2010/06/28(月) 18:48:05 ID:sFD7fbHn0
>>697
>差出人の名前で検索すると傷害事件で逮捕された男の名前だった。
>あの受刑者と同じ名前で届いた

ということは逮捕時、本名を名乗った訳で、実家に連絡が行く。
お母さんが嘘つきか、ネタかのどっちか。。実話ナンデスヨネ。







*管理人の独り言* 管理人には三ヶ月半以上もたってから執拗に詳細な情報を求める、青字で分けたID:sFD7fbHn0氏のほうが不気味だったです…


実話恐怖体験談その21  (※拾四段目)
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1251728815/


【病院の怪】 どう見ても、生きている感じではないんです。薄目を開けて、口は半開き。

239 : 本当にあった怖い名無し : 2009/10/30(金) 21:30:32 ID:k0ha4w4RP
自分の身に起こったことを、どこで話したらいいのか・・・と探し回って、
ここに辿りつきました。

長文になりそうですが、書きますね。


はじめに宣言します。私、霊とか恐怖話とか、ぜんっっぜん、信じません!!
いや、信じていませんでした・・・今は、半信半疑・・・
自分が見たものも、たぶん、幻覚だ!という気持ちと、う~~~ん・・・

まぁ、「幻覚だった」という前提で、とりあえず書きます。
↓↓↓



240 : 本当にあった怖い名無し : 2009/10/30(金) 21:31:42 ID:k0ha4w4RP
今週の火曜日のことですが、小4の息子が骨折しました。
それで、近所の病院に連れて行くことになりました。

そこの病院は、以前、私が盲腸の手術をした時、麻酔が効きすぎて
2日間意識が戻らず、もうダメかもしれない、と医師に言われたことがある病院でした。
家族は、医療ミスだ!訴えてやる!とカンカンに怒りましたが、私も無事に生還?したし、
いざ訴えるとなると色々面倒になり、結局そのまま・・・・・・とかいう話は置いといて・・・

息子は車椅子に乗せられ、診察室へ。
「おー見事な骨折だ。ギプスをしよう」
そして、ギプスをするために、診察室の隣の、『救急処置室』に入りました。

息子の車椅子を押して、処置室に入ると・・・
部屋の中央にある、緑色の診察台に、中年の男性が、なんと、真っ裸で横になっているんです。
裸ですよ!?
私はギョッ!!として、「なんで男の人が寝かされてるの!?ってか何で、他人の処置中に
私ら親子を部屋に入れるんだろう」
と、少々腹が立ちながらも、しげしげと、その男の人を
見てしまいました。
頭頂部がややハゲ・・・体を見るとあちこちアザだらけ・・・お腹がパンパンに膨れています。
足を見ると、尋常な色ではありません。太ももから下が土気色で、ひざが大きく裂けて、骨が・・・

「えぇ~~~!?ちょっと、重症じゃないの~~~!?」



241 : 本当にあった怖い名無し : 2009/10/30(金) 21:35:42 ID:k0ha4w4RP
異様な光景に驚きつつ、看護婦さんに、この状況を説明してもらおう、と思い、
パッ、と看護婦さんを見ると、
看護婦さんが立っている、背後の壁に、青灰色のつなぎ服を着た、若い男の人が立っていて、
顔面が・・・完全に、陥没・・・グチャグチャに崩壊していて、ただ真っ赤な肉塊なんです・・・


それを見た瞬間、「まさか!!」と思い、診察台の中年男性を、もう一度見ました。
どう見ても、生きている感じではないんです。薄目を開けて、口は半開き。微動だにしません。
肌色もひどく悪い・・・
再び、壁に立つ顔面崩壊の男性を見ると、さっき見た時と、立ち位置が変わっています。
看護婦さんが歩いている姿を追うように、立つ向きを、ゆっくり変えているのが分かります。
スーーーーーッ・・・・と、流れるように、体の向きを、看護婦さんに合わせています。



242 : 本当にあった怖い名無し : 2009/10/30(金) 21:36:45 ID:k0ha4w4RP
「どうかされましたか?」と看護婦さん。
「今からギプスを巻きますから、待合室でお待ち下さい」
そう言われて、一瞬、息子をここに残していくことをためらったのですが、
私以外は、誰も気にしていない様子・・・。これは幻覚だ、幻覚に違いない、と自分に言い聞かせ、
ドアのほうに向かって一歩踏み出すと、
ドアがある面の壁に、もう一人、白いシャツ、黒いズボンの小柄な男性が立っていました。
目が合うのが恐ろしくて、すぐに下を向いてギュッと目をつぶったので、顔は見ていませんが、
シャツから出た両手の色が、紫色でした。

・・・待合室で、ひたすら、「なんみょぉほうれんげきょ~」とか「なむあみだぶつ」とか、
思いつく限りのお経らしきものを唱えたり、胸で十字を切ったりしました。

やがて、息子がギプスを巻かれて、出てきました。
開口一発、「ぷっはぁ~~!!今の部屋、便所かゲロの腐ったような臭いで、ムッチャ臭かった~!!
はーーやっと出られたーーーー」
と言いました。


また明日、レントゲンを撮りに、病院に行きます。たぶん1~2ヶ月は通うことになると思います。
私が見た光景は、一体何だったのか・・・未だに心の整理が付いていません。

実は3年前にも、幻覚を見たことがあるので、また機会があったら書きます。



243 : 本当にあった怖い名無し : 2009/10/30(金) 21:45:03 ID:k0ha4w4RP
補足しておきます。
どうして、そんな「いわく付き」の病院へわざわざ行ったのか、というと、
実は、ずっと17年間、近寄らなかったんですが、
数年前に改装されて、院長も変わったこともあったし、
地元の病院として大変人気があり、いつも超満員。
ほかに変な噂を聞いたことがなく、
「手術じゃないし、骨折なら、ここでもいいか・・・」と思ったからでした。



244 : 本当にあった怖い名無し : 2009/10/31(土) 01:13:22 ID:MiMlnABoO
ゾンビ病院かよwこわっ


245 : 本当にあった怖い名無し : 2009/10/31(土) 02:29:32 ID:lVEHHa55O
というか息子大丈夫?
なんかあんまり良くないお告げじゃないの?


246 : 本当にあった怖い名無し : 2009/10/31(土) 05:59:46 ID:3rG7q8NtP
>>242

話は興味深かったけど、

>思いつく限りのお経らしきものを唱えたり、
>胸で十字を切ったりしました。

↑ちょと節操無さ過ぎじゃない?
両方の神様から見放されるで


247 : 242 : 2009/10/31(土) 12:40:47 ID:72YwtwWUP
今日も病院に行ってきました。
前回は外科でしたが、今回は整形外科のフロアでした。
あったかくてとても気持ちのいい診察室で、ホッとしました。

アレって、「見よう」と思って身構えると、絶対見えないですよね~
(霊感のある人は違うのかな?)
私は霊感ぜんぜん無いです(キリッ
神様も仏様も信じてないし無頓着すぎw

でも、ちょっと考えてみたんです。
見てしまったあの人達は、見た目がショッキングだったので怖かったんですが、
あとでよくよく考えたら、姿が崩れてしまっただけで、元は普通の人達だったわけで、
闇雲に気味悪がったり怖がったりするのは失礼なんじゃないか。
事故か何かで、不幸にも亡くなってしまった人達・・・
ちょっと見えたくらいでガクガクブルブルしてちゃいけないんだ。
そもそも私はただの通りすがり。成仏して下さい、と軽く念じるくらいで
いいんじゃなかろうか、、、
と、思いました。

あ、あくまで幻覚じゃなかった場合ですけど。。。
でも、そう考えると、気持ちが落ち着いてきて、
今日はリラックスして病院に行くことができました。

長文失礼しました。



248 : 本当にあった怖い名無し : 2009/11/02(月) 09:52:16 ID:2KQHPNC0O
>>246
節操の有無とかいう問題じゃねーだろ。
すがれるものなら神でも仏でもすがりたいわ。

アホか。


249 : 本当にあった怖い名無し : 2009/11/03(火) 01:07:56 ID:dAS9i8QQ0
>>247
> あ、あくまで幻覚じゃなかった場合ですけど。。。

奥さ~ん、口では霊なんか信じてない、信じてない言うてますけど、あんたすっかり体は信じてますがなぁ~
すっごいもん見てもうたなぁ~体は正直やでぇ~ヒヒヒィ~


250 : 本当にあった怖い名無し : 2009/11/03(火) 12:25:53 ID:9k5UW1W/P
>>249の口調が怖いwwwww


251 : 本当にあった怖い名無し : 2009/11/03(火) 16:10:12 ID:UdcTZVqc0
>>249
確かに、『信じてません!(キリッ 』 とか言いながら物凄いモノみてるw

まるで 『嫌です、私そんなつもりありません!』とか言いながら濡れ濡(ry


252 : 本当にあった怖い名無し : 2009/11/03(火) 22:11:49 ID:Bcn/ugme0
おいお前らw


253 : 本当にあった怖い名無し : 2009/11/04(水) 21:45:12 ID:bebW3njeP
>>241
看護婦さん逃げてーー!!!超逃げて!!((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル


254 : 本当にあった怖い名無し : 2009/11/05(木) 06:00:48 ID:GPT296OrO
>>247
確かにもとは不幸な人達だけど、同情するとつけこまれるかもよ。
「息子に手だしたらお前ら全員もう一回殺すよ?」くらいの気迫で超然としてほうがよいかと。




実話恐怖体験談その21  (※拾四段目)
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1251728815/



【一族を恨む女幽霊】 「お前ら一族、一生呪ってやる」 【壮絶体験談】

876 : 本当にあった怖い名無し : 2009/08/19(水) 03:40:47 ID:QzyJi9lJ0
どの話が聞きたい?
全部実話です。

1,高校1年の時に(当時は裕福な家庭だった)別荘で雨戸(外は人が立てない場所にある)をドンドン叩かれる。
2.その後、親が事業失敗&母親死去、親父失踪。兄貴達の協力の元、一人暮らしをする。
 家にケタケタ笑い狂う女の幽霊が出る。
3.波乗り中、足引っ張られる事10回ぐらい遭遇。だいだい平気だったんだが1回だけマジやばかった
4.今はなき心霊スポット「相模外科」にて足を掴まれ動けなくなる。友人に救助される。
5.親父発見。同居する事に。同居後、「お前ら一族、一生呪ってやる」と知らない女幽霊が一週間連続で出る。



877 : 本当にあった怖い名無し : 2009/08/19(水) 04:07:52 ID:Q/N7yenu0
全部


878 : 1/2 : 2009/08/19(水) 05:34:15 ID:QzyJi9lJ0
文才ないんであった事を直接書く

1,高校1年の時に(当時は裕福な家庭だった)別荘雨戸(外は人が立てない場所にある)をドンドン叩かれる。

当時、軽井沢に別荘があり女3人誘って行こうといく事になった。
その別荘は斜面に建っており、玄関側は地上高で、奥に行くと2階位の高さがあった。
リビングは一番奥にあり、窓は三面あるがバルコニーがあるのは南側だけだった。
やがて夜になり女達が料理をしていた。野郎共はどんなかんじでHに持っていくかを、リビングで相談してたんだ。
そのうち野郎の一人が、「外に人影っぽいのがいねぇ?」とか言い出した。
一応、窓を開け外を覗いて見る。当然何もいなく、カーテンをきっちり閉めたんだ。

その後、みんなで飯食ってダラダラ喋っていたんだけど夜11:00くらいかな?
いきなり、おれの目の前にいた女の子が悲鳴をあげた。カーテンの隙間から人が見えたと。
その窓は西側にありバルコニーがなく、人が覗くには3m以上の身長がないと無理な場所。
それが見間違いじゃなかったら、幽霊とか信じなかった俺は普通に変質者かなんかが踏み台みたいなのを持ってきて覗いてるのか?って思ったんだ。
さっき、野郎の友達も同じ事を言ってたのを思い出し、霊的な事とは別の恐怖心に煽られた。
女もいるし、万が一変質者がいたらシャレにならんと思い、男2人で(1人は部屋で女と待機)外に出て確認する事にした。
とりあえず、俺は武器としてフライパンを持っていったのを覚えてる。
男2人で別荘の周りを確認したんだが、何もいなかった(踏み台みたいなのを捜したけども無し)。
女達には木の影がそれっぽく見えたんじゃんと納得させ、戸締りを厳重にし雨戸を全部閉めたんだ。
その後もみんなで喋って、さっきの事を忘れかけてた時・・・



879 : 2/2 : 2009/08/19(水) 05:37:48 ID:QzyJi9lJ0
一瞬、とてつもなく生臭い臭いがした。みんなの会話が一瞬止まったその時・・・
東西南の三面の雨戸を一斉に凄い勢いで何かが叩き始めた。雨とかが当っているんじゃなく明らかに手で叩いてる。そんな音だ。
ホントに人で届かない所は肩車したとしたら30人以上必要かな。
女3人は気を失ってる(その時はわからなかった)。
俺は野郎三人と顔を見合わせて動けないし声もでないまま・・・
10分位その状態が続き、野郎の一人がいきなり大声で
「いいかげんしろよ」
と叫ぶとピタッやんだ。その後は叩かれる事はなかったが、結局朝までみんなでリビングですごした。
朝になり、タクシーを呼び雨戸は閉めっぱなし状態でそそくさ退散したさ。
タクシーに乗る前に野郎3人で外から雨戸を確認したら手形がビッシリ。さすがに女には言えなかった。

家に帰り兄貴に言ったら、やっぱり同じ目にあった事があるらしい。
家族で行ったときはなんともなかったのに・・・
ちなみに、やめときゃいいのに一週間後に行った姉貴同じ目にあいました。

文章だとあまり怖くないが、めちゃくちゃ怖かったよ。



880 : 876 : 2009/08/19(水) 06:39:21 ID:QzyJi9lJ0
2.その後、親が事業失敗&母親死去、親父失踪。兄貴達の協力の元、一人暮らしをする。家にケタケタ笑い狂う女の幽霊が出る。

別荘で幽霊に雨戸を叩かれてから、ちょくちょく見る様になってしまった。
高校2年の時に親父の事業が失敗し倒産。その心労からか母親は心不全で亡くなった。
やがて親父は失踪し実家は借金の担保として差し押さえられる事になった。

すでに自立していた、兄貴と姉貴にワンルームマンションを借りてもらいそこに住む事となった。
当時高校3年で一人暮らしとなるとテンションは上がった。

引っ越して1週間位たった日、寝ようとしてウトウトしていると出ました。
部屋に入る扉の近くの電気のスイッチ辺りで女の幽霊(上半身のみ)髪を振り乱しケタケタ笑い狂ってました
よくテレビで劇団員が腹を抱えて笑う表現?とかあるじゃないですか・・・そんな感じです。
この時はあまりの恐怖で気を失いました。しかしこの幽霊は2週間に1回位のペースで引越しするまで約1年出続ける事となる。
5回目位に出た時には、恐怖より怒りを覚えでかい声で「消えろ!」と叫べぶと消えた。
その後は出るたんびに「消えろ!」と怒鳴りまくり。隣の人は迷惑だっただろうな
1回だけ、他の人がいる時(ナンパして連れ込んだ女)に出た事があって、めちゃくちゃびびってた。

部屋が悪かったのか、自分に憑いていたのかはわかりません。
社会人になって引越しした後は、その幽霊は見てません。
ちなみに、そのマンションまだありますよ。
相模原市淵野辺駅徒歩12分位。401号室ね。

よく幽霊でて引っ越す人とかいるけど、高校生で兄貴達に借りてもらってる身では無理ですね。



881 : 本当にあった怖い名無し : 2009/08/19(水) 12:06:45 ID:D5ij7Ugs0
別荘怖いです><


882 : 本当にあった怖い名無し : 2009/08/19(水) 16:44:35 ID:DNWJhpn70
こことか条件当てはまるね
ttp://ensen.homes.co.jp/search/detail/b%5B%5D=1024280000678/tk=3/bsg=1/route=9/o=81hyEkRP8PRjBw/ ←現在リンク切れ


883 : [―{}@{}@{}-] 本当にあった怖い名無し : 2009/08/19(水) 17:31:25 ID:TbqVjr6/P
5が気になる、家族が不幸になったのはその女幽霊の怨念か?


884 : 本当にあった怖い名無し : 2009/08/19(水) 19:29:53 ID:QudYDVHB0
3から先が書かれていない!


885 : 本当にあった怖い名無し : 2009/08/19(水) 20:02:54 ID:/dBVo2rQ0
続きマダー?チンチン


886 : 876[sage] : 2009/08/19(水) 20:27:56 ID:QzyJi9lJ0
>>882
そこではないな
住所は共和 5階建て 俺は今おっさんだから築年数は・・・
これ以上言ったら特定させそうなんで

3.波乗り中、足引っ張られる10回ぐらい遭遇。だいだい平気だったんだが1回だけマジやばかった
足を引っ張られるのが結構あった。大体波待ち中で、引っ張られてもこっちも引っ張り返せばそれ以上はなかった。今思えば、足に手形っぽい後などが出来ていたが実際に手を見ていなっかたんで・・・
ではやばかった話
ロングボードを借りていつもより沖で波待ちをしていた。波が来てテイクオフした瞬間、足を思いっきり引っ張られた。引っ張られるというより引き込まれる感じ。
中々離れずにヤバイと思い足のほうを見ると汚い海の中で一瞬見えたのは、無数の手が俺の足首を掴まえていた。何とか海面に顔を出したが、さらにまた引き込まれる。左足を掴まえられていたんだが、右足で蹴り解こうしたらその右足も掴まれてしまった。
もがいていたら手を掴まれた。それと同時に足を掴んでいた何かが離れた。横にいた先輩が足が攣ったのかと思って助けてくれました。それがなかったら・・・ 両足首からふくらはぎにかけて手形がバッチリ。1週間取れなかったです。
それ以来サーフィンはやめました。



887 : 本当にあった怖い名無し : 2009/08/19(水) 20:51:57 ID:A4vVin5c0
なんか呼び込む体質なのか


888 : 本当にあった怖い名無し : 2009/08/19(水) 21:43:23 ID:TrVwmOv60
wktk


889 : 本当にあった怖い名無し : 2009/08/19(水) 21:51:51 ID:/F9Ich6N0
すげえ生きてる876がすげえ


890 : 876 : 2009/08/19(水) 21:55:02 ID:QzyJi9lJ0
4.今はなき心霊スポット「相模外科」にて足を掴まれ動けなくなる。友人に救助される

今はもうないが、16号沿いに相模外科という廃病院があった。
外見は富士急のお化け屋敷って感じだ。
悪友と町田で女の子をナンパし、流れで肝試しという典型的なDQNな土曜日だった。
時間は夜中の0時過ぎ位、正直俺は遠目で建物を見た時に見てしまう様な気がして、車で待っていたかったんだが、
女がオッパイを腕に押し当ててきて、その誘惑に勝てず結局行く事になった。

建物の前に立つと、目の前は夜中でもそこそこの交通量の国道16号、先客4組位いて、女の子のキャッキャ言う声も聞こえ、正直ほっとした。
1階から2階を周り、なんとなく3階はやめようと話になり、1階から地下へ・・・
先客もいたので、肝試し的な不気味さはあったが霊的な恐怖は感じなかった。
女の子を怖がらせて遊んでた位だった。しかし甘かった・・・

建物を正面から見て右側の外階段?を地下から1階に上がるときに、いきなり足を掴まれ、全身が動かなくなる。
エッ?と思い見ると、うつ伏せの黒い影が半分は地面にめり込んでる状態でこっちを見ながら足を掴んでる。
突然動かなくなった俺を見て、となりにいた女の子は俺がふざけていると思ったらしく「やめてよ~」とか甘い声で言ってくる。
「足掴まれてるんだけど・・・」と言うとその子は俺の足元を見るが幽霊は見えていないっぽい。
俺はちょっと前を歩いていた悪友を呼び、「動けないんだけど」と言うと最初は脅かすなよって笑っていた。
悪友は俺が幽霊よく見る事を知っていた。途中ですべてを悟ってくれたらしく引っ張ってくれた。すると掴んでいた手が離れ動ける様になった。(この間、怖くて足元は見れなかった。)
女の子がビビリ気味だったので、「迫真の演技だっただろ」とその場をやり過ごし車に戻った。
その時の隣にいたオッパイ大きい女の子は、その2時間後俺の家で笑い狂う女幽霊を見る事となる。

後日談。その1年後位に再度相模外科にいく機会があった。
その時は車で待っていたが、3人組で行ったのに帰って来る時に人影が4人だった。思わず2度見しちゃったよ。
さすがにそれは、行った3人には言えなかったな。



892 : 本当にあった怖い名無し : 2009/08/19(水) 23:35:08 ID:la8eVwms0
>>886
やっぱお盆の時期?


893 : 1/2 : 2009/08/19(水) 23:50:36 ID:QzyJi9lJ0
5.親父発見。同居する事に。同居後、「お前ら一族、一生呪ってやる」知らない女幽霊が一週間連続で出る。

その前後の出来事もあったんでそのまま書きます

19歳のある日、兄貴から連絡があった。親父が連絡をしてきた。借金が嫌になり、飯場で生きてきたとの事。
みんなで集まり、これからどうするか話し合う事に。
兄貴、姉貴はそれぞれ同棲中。流れで俺が一緒に住む事になった。
正直、親父の事は許せない気持ちがあったが、ケタケタ笑う女幽霊の家から引越ししたかった事、同居し家賃負担が減るなら自分の車が買えると思い了承した。

隣駅の2DKのマンションへ引越し、家賃は親父7:俺3の割合で出す事となった。念願の車も買えた。
半年ほどは平和だった。私生活でも幽霊を見る事もなかった。
当時都内に勤めていたのだが、仕事の関係で海老名へ一週間ほどいく事になった。
最終日、仕事量を考えると最終電車は間に合わないと思い車でいく事にした。
案の定仕事が終わったのが12時過ぎ。幹線道路で帰ればいいものをショートカットしようと思い車を走らせた。
気がついたら山道っぽくなっていく。なんとなくっぽいし、山道あったっけな?と思いながら運転していた。
このベタ過ぎる展開に直感的に何かヤバイ気はしていた。

やっぱりそれはきました。走っている車の後部ガラス(当時180SXという車に乗っていたのでハッチバック部分)を思いっきり叩かれはじめた。
雨ではない。恐怖で足が震えのをこらえて、(それでも左足は震えっぱなしなので、クラッチが切れずずっと3速で走っていた)叫びながら運転をした。当然バックミラーを見ない様にして・・・

多分5分位は叩かれ続けたんだと思う。気がついたら音はやみ、霧っぽいのもなくなっていた。
なんとか家に帰ったんだが、帰宅後玄関を開けると今までにない嫌な空気。
今まで、1回幽霊見ると2、3日立て続けに見るから嫌だなと思いながら、その日は寝た。



894 : 2/2 : 2009/08/19(水) 23:53:08 ID:QzyJi9lJ0

この日は何もなかったが、2日後の夜。(日曜日)
いきなり夜中にパッと目が覚めた。部屋に人がいる。エッと思ったらうつむいている女だ。
体が全く動かない。やがて女はゆっくりこちらを見て怒りの形相でブツブツ言っている。
声が段々大きくなってくる。実際の声が大きくなる感じではなく頭の中で大きくなる感じ
「おまえら一族一生呪ってやる」と頭の中で大きな声が響きパッと消えてしまった。

体が動く様になり、ソッコー電気をつける。めちゃくちゃ怖かったが、意外と冷静で幽霊って喋るんだって思った。
結局、朝まで寝る事は出来ずそのまま仕事に行った。
(月曜日)、帰宅し前日寝ていなかった為23時頃には熟睡状態。
しかし2時半頃にパッと目が覚める。体が動かない。
まさかと思ったらいました。女の人が・・・全く昨日と同じ展開。幽霊が消えた後、俺は半べそ状態だった。
翌朝、完全なただの同居人と化している親父に「おまえら一族一生呪ってやる」って女に言われた事を話したが、完全に無視された。
(火曜日)会社の同僚に相談。信じない彼は俺の家に泊まる事となった。正直一人でいたくなかったのでホッとしたよ。
軽く酒を飲み帰宅。前日、前々日とあまり寝てない俺は12時頃に酒のせいもあって熟睡。しかし2時半頃にパッと目が覚める。体が動かない。案の定出ました。同僚を起こそうとするが声が出ない。全く昨日と同じ展開。
(水曜日)地元の友人がきましたが、同僚が来た時と同じ展開。
さすがに本当に殺されるかもと思い、新聞広告に入っていたお寺の「因縁がどうたらこうたら」に電話し日曜日に行く事になった。
(木曜)(金曜)は地元の友人宅に泊まりました。幽霊出ず。
(土曜日)地元の友人と家に帰りました。友人に朝まで起きてろよと言ったのに、2時頃にトイレから戻ると爆睡状態でした。つついたり、軽く蹴ったりしても全く起きない。やばいな・・・この展開はと思ってたら、いきなり電気が消え金縛り状態、出ました。
もう勘弁してくれって感じです。そもそも「一生呪う」の一生って俺の一生?幽霊あんたの一生?どっちにしろもう勘弁してくれ。

つづく



895 : 2/2のつづき : 2009/08/19(水) 23:54:08 ID:QzyJi9lJ0
日曜日友人と付き添ってもらい、に行く。鑑定代拝み代で3万5千円程かかった。
坊主が言うには、俺の先祖が女性を殺しそれがちゃんと供養されていないとの事だった。
正直胡散臭かった。誰だってこの幽霊の話聞けばそう答えるよなって・・・

その晩からピタっと女幽霊は出なくなった。さすがだなっと思ったんだが・・・

実は寺に行った日曜日以来、親父が帰ってこなくなり失踪。もう10年以上たつが音沙汰なし。
女幽霊に心当たりがあり、出て行ったのかな?

女幽霊が出なくなったのは、拝んでくれた成果なのか、親父についていったのかどっちかな?



896 : 本当にあった怖い名無し : 2009/08/19(水) 23:55:47 ID:QzyJi9lJ0
>>892
お盆ではなく
8月の終わりくらいだった気がします



897 : 本当にあった怖い名無し : 2009/08/19(水) 23:58:41 ID:O1r26Ut+O
あんたスゲェ人生送ってんだな。
ガンガレ!


898 : 本当にあった怖い名無し : 2009/08/20(木) 00:55:15 ID:lUkRj90R0
久し振りに面白かったよ(当人はそれどころではなかったでしょうけど)


899 : 本当にあった怖い名無し : 2009/08/20(木) 02:23:10 ID:xKQZFgvp0
>>895

読みやすくて良かった
まだまだありそうだね、暇があったらまた書いて


900 : 本当にあった怖い名無し : 2009/08/20(木) 08:06:51 ID:ZG8U5UpAO
こわいな


901 : 本当にあった怖い名無し : 2009/08/20(木) 08:27:34 ID:szBQvWhW0
おつでした。ところでオパイさんとはその後?


902 : 本当にあった怖い名無し : 2009/08/20(木) 10:29:17 ID:gWLT/5U3O
文才ありますな
かなり怖かった、、、


903 : 本当にあった怖い名無し : 2009/08/20(木) 10:31:18 ID:oltUm64v0
>>876
つーか体験談5つなんてもんじゃなさそうだが・・・


904 : 本当にあった怖い名無し : 2009/08/20(木) 16:42:18 ID:Of9XTRGh0
おっかねー
なんか色々業を背負っていそうな家だな
がんばれ


905 : 本当にあった怖い名無し : 2009/08/20(木) 18:35:11 ID:u+3DOY+w0
先生!876の話もっと聞きたいです!


906 : 本当にあった怖い名無し : 2009/08/20(木) 19:54:01 ID:1Q7div7qO
こわいっつーか笑わせようとしてないか?


907 : 本当にあった怖い名無し : 2009/08/20(木) 21:14:38 ID:pvNr2hEh0
うおー、聞いてるだけでも怖いのに、そんな体験したくない!
でももっと聞きたいw


908 : 本当にあった怖い名無し : 2009/08/20(木) 22:32:35 ID:0E+dIbAQ0
>>896さん
乙でした。
零感だけどチキンの俺がそんな体験したら
間違いなく漏らしてる(((゚Д゚;)))
他にもあったら投下お願いします。


910 : 本当にあった怖い名無し : 2009/08/21(金) 01:53:53 ID:Uho3pjoNO
876すごいな


912 : 876[sage] : 2009/08/21(金) 07:13:51 ID:JeN5+FPd0
コメントありがとうございます。

25歳位までは、結構幽霊見てました。
ただ、自宅で見たのは、あの女幽霊が最後かな。
友人宅や夜中遊び歩いてて見てしまったパターンが多かったです。
強烈だったのは車の窓叩きですね。上に書いたのとは別にもう一回あります。
山中湖にドライブに行った帰り、国道413で叩かれました。彼女が同乗してたのだが、叩かれている間、俺が喚こうが何しようが死んだ様に熟睡して起きなかった。
不思議話ではキャバのボーイのバイトやっていた時期があったんだが、お店の女の子の家に遊びに行った時、でっかい鏡があって男の人が写った。
最初リアルに人がいると思い振り返るといない。もう一度鏡を見るといる。「ゲッ」っと思いもう一度振りかえってもいないし、今度は鏡にもいない。疲れてただけの可能性はあるが
ただその鏡男は見覚えがあり、その子に相当金使ってたお客さんだったんだよね。生霊かな?その後も、そのお客さんは普通に来てたから。
25歳過ぎには夜中にあんまり遊び回らなくなったんで以前より、見なくなりました。

兄貴はそんなに見なかったらしい(言わなかっただけ?)けど、姉貴が結構凄かった。
一番怖かったのが、姉貴が同棲中の彼(今旦那)が実家に帰省中、寝てたら壁から20本位手が出てきて壁に引きずりこまれそうになったとの事。
彼氏は帰省中で夜中だし家電に架電しなければいけないし(当時携帯電話はない)、結局弟の俺の所に夜中電話が架かってきて「壁から手がいっぱい手が出て来たから今から行く」
いくらなんでも、壁には引きずり込まれないだろと思ってたが、家に来た姉貴を見ると、左半身、腕とか足に手の後が・・・
次の日彼氏に帰ってきてもらい、その後すぐ引越ししてました。

>>901
ちょうど家でイチャイチャしてた時に笑い狂う女が出た。オッパイ娘は半べそ状態で一言「帰る」と・・・バイクで送って行きました。笑い狂う女にめちゃくちゃ腹がたちました。せめて終わってからにしてくれと。
リアルな怖さは「海で足引っ張りの手」「一族呪う女」がベスト1.2.だったけど、見た目の怖さは圧勝で「笑い狂う女」だったよ。オッパイ娘は可哀想だったよ。その後その子と遊ぶ事はなかった。

>>904
兄、姉共に結婚してもうすぐ10年。子供が出来ないのはなんか関係あるのかな?そんな気ちょっとする。



927 : 本当にあった怖い名無し : 2009/08/24(月) 14:11:50 ID:xm8fN7n90
> いきなり電気が消え金縛り状態、出ました。
おれの知りあいも同じこと言ってたな
そいつは寝る前には部屋を真っ暗にするらしい
目覚まし時計とかラジカセとか発光してるものは
裏返しにするそうだ
なぜなら、出る前にそれらが消えるんだと
消えるのがわかると近くにいるってことだからスゲーこわい
と言ってた
チラ裏スマソ


930 : 本当にあった怖い名無し : 2009/08/24(月) 16:42:32 ID:Y9NR7vS30
 895さんはまだ女の霊に取り付かれていると思う。
「お前ら一族一生呪ってやる」っていうのは、「お前らの一族の魂、全員
地獄に連れて行ってやる」
って意味だと思う。
 私も頻繁に霊を見るし、本当に取りつかれて、心臓を無理やり止められそ
うになって、一人苦しんだ事があった。でも周りにこのこと話しても、霊なんていないっていう人ばかり
だったので、一人で(厳密にいうと一人ではなかったけど)私を殺そうとする
霊と対峙した。ものすごい力で私の左胸の心臓をつかんでくるんで、3週間
くらい闘って、今は解決。(今年の6月の話だ) そいつ(悪霊)が私を殺そうとした動機が、私の
魂を地獄に連れて行こうとする事だった。

なので、895さんは絶対、油断してはだめだと思う。

お寺に行ったということは、悪霊は安心したのだと思う。今は悪霊の望んだ
通り、一生の呪いが続行中だと思う。自分の計画が続行しているから、安心
して、隠れているんだと思う。気をつけたほうがいい。


933 : 本当にあった怖い名無し : 2009/08/24(月) 16:58:16 ID:Sb5DSMbkO
>>930は自分の文章をもう一度、読み返してほしいと思う


935 : 本当にあった怖い名無し : 2009/08/24(月) 18:49:38 ID:75mcCWy5O
930の文章力がこわい
たぶん脳に悪霊が転位してるな




実話恐怖体験談その20  (※拾参段目)
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1238378724/

NEXT≫
今までの訪問者
全記事表示リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Twitter...
検索フォーム
プロフィール

リーガン

Author:リーガン
2chなどから集めた怖い話を個人的趣味でまとめています。
リクエスト、削除依頼などがありましたらツイッターかメールフォームからお気軽にご連絡ください。
相互リンク・相互RSSの申し込みも大歓迎です。

ちなみに管理人、大の動物好きですので動物虐待系のネタは故意に排除してます。

RSS登録
素敵サイトさま
あんてなサイト情報
気に入ったらポチッと
ただいまのお勧め
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。